京丹波 松穂農園日記

京丹波 松穂農園での栽培記録を中心としたブログです。それぞれの作物をどのように栽培しているかを発信しています。

カテゴリ: 栽培 2020

今日も定植が中心の一日でした。
午前はブロッコリー。
DSC_0101_copy_1305x979

午後はスイートコーン。
DSC_0102_copy_1305x979

今晩から明後日の朝にかけて夜温は下がらないのでこのまま明日の雨にあてます。

そうなんです。
明日は久しぶりに終日の雨。
ここでちょっと一休み。
明日は休みにしようと思います。
考えたら年が明けてから丸々休んだ日ってまだありませんでした。
貴重な休みです。
のんびりしてやるー!

昨日もキャベツを植える予定でしたが、今朝の最低気温にビビってしまい定植のほうは今日行いました。
DSC_0098_copy_1305x979

私が利用している天気予報では4月4日までの予報が確認できます。
明日は-1℃ですが、その先は4月3日に0℃になっているのが最低。
霜にさえあてなければ大丈夫そうです。

ということで予定通り不織布のべたがけで対応します。
DSC_0100_copy_1305x979

今日はカリフラワーも最終の定植を行いました。
こちらも不織布。
DSC_0099_copy_1305x979

ブロッコリー、カリフラワーは5月収穫を目指して2回栽培にチャレンジしていますがいずれも失敗。
今年も上手くいくかはわかりません。
キャベツはそもそも初めてですし。

種子の袋には暖地、一般地、冷涼地ごとに作型(いつ蒔いて、いつ植えて、いつ頃収穫)が書かれています。
京丹波は一般地と言われますが、ぴったりの気候はありません。
やっぱり寒いのです。
なので上手くいくまで結局は試行錯誤なのです。

先の予報を参考にしながら定植作業をすすめています。
雨がなくなったのは仕方ないとして、気になるのは明後日の朝の気温です。
予報ではマイナス3℃。
スイートコーンの序盤に定植する分はトンネルをしますが、それでも厳しい寒さです。
レタスやブロッコリー、カリフラワーはトンネルをすれば大丈夫ですが、できたら不織布のべた掛けくらいで栽培していきたいところ。
トンネル栽培って手間もかかるし、資材も相当必要になるのです。

検討しましたが、これらの作物は次の雨を待って植え付けていくことにしました。
あと残っているのはキャベツ。
それ以外の品目に比べると寒さに強い作物です。

キャベツは2品種を栽培する予定ですが、今日のところはひとつ目の品種だけ定植を行いました。
DSC_0093_copy_1305x979
”みさき”というキャベツをご存じでしょうか。
結球はしますが一般的なキャベツのような丸い形ではなく、先がとんがった形です。
なのでタケノコキャベツとも呼ばれています。
甘く、やわらかくて生食に向いているのだそうです。

明日はふたつめの品種を定植する予定。
こちらは一般的な丸い形のキャベツです。

先日の投稿でブロッコリーの後に「たいせつな作物」を植えると書いていました。

その定植が本日完了しました!
DSC_0078_copy_1305x979
何が植わってんねん・・・、ですよね?

これです!
DSC_0082_copy_1305x979

わかる人にはわかるっていう感じでしょうか。

これならわかるでしょう。
DSC_0083_copy_1305x979

そうなんです。
ブドウですよブドウ!

もともとは果樹農家になるという目標で就農しました。
ブドウもすぐに植えたのですが、地権者とのトラブルですぐに撤去。
いま住んでいる地域でもなかなか適当な農地が見つからずに5年が経過。
そんなブドウをようやく植えることが出来たのです。

この農地はお借りして3年が経過した農地ですが、当初は地権者の方も「木は植えないで」とのことでした。
でも「もしかして気が変わってないかなー」と昨年の秋に聞いてみたところ「かまへんで」とあっさりOK。

すぐに苗を手配したり、地域の方に圃場の工事をお願いしたりしてようやく植え付けが出来たというところです。

ブドウってとにかく水はけが良くないと栽培はできません。
なのでよほど水はけが良いところか、傾斜地で栽培されています。
水がはけないように作られているのが水田なので、水田でブドウを栽培するときには一般的には基盤を破砕して作られるようです。
ところがここは借地なので「元に戻せる範囲」でやらないといけません。
で、最初の写真のような高畝で栽培することにしました。

このような高畝は重機がないとできませんし、私には技術もないので地域の方にお願いした次第です。
特に今年は天候不順で土が乾かず、工事も大変だったのですが頑張っていただき感謝、感謝です。

私も今年で55歳になります。
実質的には初めての栽培ですが、あまり試行錯誤はしている時間の余裕がありません。
とにかく情報を集めまくって、成園になるころにはバッチリなブドウを出荷できるよう頑張るしかありません!
いよいよです!

6日の初雪からしばらくはこの時期らしい寒い日が続きました。
クルマの窓がこんなに凍ったり・・・。
DSC_0028_copy_1305x979
でもそのあとはまた季節外れの温かさ。
ほんと今年はどうなってるんでしょうか?

でも定植のチャンス到来です。

って何を植える気や?

そうです、あれです。
一昨年、昨年と大失敗。
もう絶対にやらないと宣言していたあの作物。
4月から5月の出荷を目指したブロッコリーとカリフラワーです。

いや、自分でも思ってはいるんです。
”性懲りもなく”って。
でもなんかいけそうな情報を入手してしまって。

そうなるとやらないといられない性分なのです。

あまり詳しくは書けませんが、作業自体は昨年と同じ感じです。
苗を植えて。
DSC_0031_copy_1305x979
不織布をかけて。
DSC_0030_copy_1305x979
さらにその上からビニールをかけて2重のトンネルにしました。
DSC_0032_copy_1305x979
以上はブロッコリー。
植えたのは4日前です。
明日からはまた冷えますが、今日まで緩んだのでうまく活着してくれていると思います。

さらに昨日は別の圃場で畝立てを行いました。
DSC_0033_copy_1305x979
今年から使わせていただくことになった畑。
今日はしっかりと雨をあてたので、明日マルチを張ります。
そして明日からの寒さが去ったところでカリフラワーを定植する予定です。

「今年こそ!」なのです。

あかんかなー。

↑このページのトップヘ