京丹波 松穂農園日記

京丹波 松穂農園での栽培記録を中心としたブログです。それぞれの作物をどのように栽培しているかを発信しています。

カテゴリ:栽培 2019 > 2019 スイートコーン

また長いこと更新を怠ってしまいました。
前に書いたネズミによるスイートコーンの種の食害。
捕獲用のシートで捕まったのは一匹だけだったのですが、いったん落ち着いています。

農作業のほうですが順調とは言えないものの、まあどうにかこうにかといった状況です。
実は手伝っていただけると予定していた人のうち、体調不良とかで2名の方がNGになってしまったんです。
「今年は余裕が出来るかなー」と考えていたのはやっぱり甘かった。

そんななか、明日は嫌なものがやってきそうです。
遅霜。
私がここに来てからGW以降に霜が降りたのはこれまで一度だけです。
でも京丹波町の明日の予想最低気温は2℃。
霜注意報も出ており「来る」と考えて対策しないといけない状況です。

ジャガイモは不織布のべた掛け。
DSC_0737-816x612
こちらはこれで大丈夫だと思います。

スイートコーンは撤去しないでおいていたトンネルをかけ直しました。
DSC_0735-816x612

問題はこのスイートコーン。
前半はトンネルをして栽培してきていますが、気温が高くなってきてから植えた分はトンネルをしていません。
一からトンネルを設置する時間もないし・・・。

それで、今できる対策として散水を試してみようと思います。
作物に散水することで作物の温度が0℃以下にならないようにすることが出来るそうです。
これを明日の早朝にやってみます。

それにしてもしつこいなー、今年の霜は。

今日の午前の作業は有害鳥獣の駆除で仕掛けている罠の点検から。
何もかかっていませんでした。
そのあと育苗中の苗に水やり。
ここ迄は毎日の作業です。

朝食の後はブロッコリー、カリフラワー、タマネギの病害虫防除。

ここでロスタイム①。
JAにマスクを買いに行ったのですが、まだシャッターが下りたまま。
8:30に開店すると思っていったら違ったみたいで9:00に出直し。

気を取り直して防除作業にかかりました。
ブロッコリー・カリフラワーは動噴で2回散布します。
1回目の散布で殺菌剤を使い切ったので購入しにホームセンターへ。

ここでロスタイム②。
使用している殺菌剤が棚にありません。
病気の予防では最も広く使われているもので、昨年までは常に在庫があったのですが・・・。
仕方ないので印鑑を取りに戻ってまたJAへ。
(JAは農薬の購入に印鑑が必要なのです。)

結局は防除作業だけで午前が終わってしまいました。
なんか”あの日”かなー、と思って確認するとなぜか大安。
おかしい・・・。

午後は16:00頃までブロッコリー、カリフラワーの追肥・灌水と雑務。
そのあと例によってトンネルの管理です。
明日の朝は3℃まで下がる予報で、霜注意報が出ています。
霜にはあてたくないスイートコーンのトンネルを全閉にしました。
DSC_0719-816x612

ブロッコリー・カリフラワーはもう軽い霜なら大丈夫そうなので全開のままにしておきます。
DSC_0720-816x612

この先1週間は最低気温が高めなので、明日の朝にスイートコーンを全開にしたらトンネルの管理からは解放されそうです。

ところでスイートコーン。
ちょっと厄介なことになっています。
種の発芽が非常に悪い。
育苗用のトレイに播種しているのですが、全く発芽しないトレイがあったりします。
最初は原因がわからなかったのですが、どうもネズミのようです。
うちに来ていた野良猫が最近来なくなっていて、ネズミが出だしているみたい。

一昨日から捕獲用のシートを置いていて、今日1匹捕獲でしました。
でも繁殖力の強いネズミ。
とことんやらないといけません。
シートだけではあれなので、誘引効果のある資材も使って捕獲に取り組んでいます。
DSC_0721-612x816

もう、家の中でも獣害対策です。

昨年の惨敗にめげずに栽培している5月出荷のブロッコリー。
まだはっきり言えませんが「今年はいけるかも」みたいな感じになってきました。

一昨日に4回目の定植を行っています。
苗がこれくらいの時期に植えます。
DSC_0706-816x612
で、1回目がどんな状態かというと・・・。
DSC_0707-612x816
いけそうな感じしませんか?
昨年はこんな風に大きくならなかったのです。

まあ結果はどうなるかわかりませんが、来年に向けて色々試していきます。
これまでは毎日の最低気温をにらみながら、トンネルの管理に努めてきました。
例えば昨日なんかは雨で、晴天の日に比べると最低気温は低くありません。
なのでトンネルはまた全開にしていました。
DSC_0711-816x612
ところが明朝の気温は1℃。
悩ましいところです。

ブロッコリーは一般にはソメイヨシノが咲く時期に定植する場合、被覆はいらないとされています。
なので、だいぶ大きくなってきた1回目、2回目はトンネルは閉めずに開けておくことにしました。
そして3回目と4回目は半分は開けて、半分は閉める。
DSC_0715-816x612
こんなふうにして、この先の生育の違いを観察しながら、どこが閾値なのか探っていきます。
トンネル被覆栽培というのは相当労力のかかる栽培方法です。
少しでも軽減できるようにしないといけないのです。

ところがそんな訳にいかないのがスイートコーン。
何せ夏の作物。
霜にあてるというのは、まずはNGでしょう。
なので全閉。
黄色も。
DSC_0716-816x612
白も。
DSC_0717-816x612
写真の通りでほぼ暗くなったところで作業終了。

本当に手間がかかるのです、トンネルって。

一昨日、昨日とレタスの収量がとても多く、今日になってようやく落ち着いたところです。
暫く日差しもあり、日中の気温も上がりましたからねー。
まあスイートコーンにしろ、ブロッコリーにしろどうしても収穫期間中に一度や二度は「今日めっちゃ多い」って時あります。

それで収穫と出荷がとても忙しくなってしまいましたが、天気がその分は容赦してくれたみたいで、今日まではまとまった雨に降られることなく作業が出来ています。

とにかく急がないといけないのは、この先の作物の植付の準備です。
今年もポチが頑張ります。
DSC_0683-816x612

DSC_0685-816x612

で、スイートコーン(黄)の1回目と2回目の畝立て完了。
DSC_0684-816x612

スイートコーン(白)の1回目~3回目の畝立ても完了。
DSC_0688-816x612

ジャガイモのほうはポチではなくて昨年購入した管理で作業。
DSC_0689-816x612

で、こちらも完了。
DSC_0690-816x612

この先はこれらの作物に加えてブロッコリー・カリフラワーの定植と合わせて進めていかないといけません。
明後日からは雨マークになっていますので明日中に終わらせたいのですが、ちょっとそこまでは時間が足りません。
明後日以降も雨の止み間にやっていく感じになります。

例年だとそこ迄忙しい時期ではないのですが、今年はレタスの出荷があって・・・。
考えたら一か月半ほど休みってとれていません。
そろそろ一息つきたいところですが、なかなか休めない春になっています。

いや、ぼやいてみるもんですねー。
なんかレタスの市場価格が上がっているようですよ!
BlogPaint
これ、今日の市場の取引の全国平均です。
前週比の値上がりで第2位。
25%も上がっているではありませんか!
キロ当たり130円台で推移していたのが、今日は171円!
まぐれかなー。
いや、期待しましょう!

レタス以外の作業のほうですが、スイートコーンの圃場準備を進めています。
イエローはこちら。
DSC_0679-816x612
実はレタスの後作がスイートコーンです。
でも撤去したばかりなので、残渣がまだ分解せずで写真のとおりです。
今日は3回耕耘したんですけどねー。
このところの天候だと仕方ないです。
ここ数日はようやく降雨がなくなり、耕耘できただけでもありがたいと考えます。
まずは2回分を植えられる分だけ作っていきます。

ホワイトはこちら。
DSC_0680-816x612
こちらは昨年は黒枝豆を栽培した圃場です。
残渣というのはないので草はまだありますが、ほぼ問題ない状態。

どちらも明日もう一度耕耘をしたら畝を立てる予定です。
何とかなるのではないでしょうか。

と、喜んではいられません。
DSC_0682-816x612

何ですかねー木曜日以降。
雨ばっかし。
なんか4月1日は雪マークが付いてるし・・・。

とにかく「明後日の水曜日までにどれだけやれるか」のようです。

↑このページのトップヘ