京丹波 松穂農園日記

京丹波 松穂農園での栽培記録を中心としたブログです。それぞれの作物をどのように栽培しているかを発信しています。

カテゴリ:狩猟 > 狩猟 2018

4月から私が住んでいる曽根地域の罠による有害鳥獣駆除作業に従事することは先日書きました。
29年度の猟期での経験により4月からは罠に限って有害鳥獣の駆除作業が行えます。

というのは私の話で、猟期明けの2月16日からは有害鳥獣駆除は始まっており、曽根の罠も稼働を始めています。
自分が4月から管理をすることになっている町罠が気になるのでよく見に行きます。
(町罠というのは町が設置した罠で、管理を猟友会が委託されています。)
そしたら今朝、箱わなにシカが入っているのを見つけました。
遠目に何かが入って暴れているのを確認しました。
近くに行くと若いメスジカで私のことをじっと見つめます。
更に近づこうとするとまた暴れだしました。
鉄でできた罠の中に入っていますが、逃げようとして首の骨が折れるのではないかという勢いです鉄格子に体当たりし続けます。

3月までは資格のある猟友会の会員がこの罠を管理していますが、その人に連絡。
相談した結果、埋設ではなく食肉加工施設に搬入することにしました。

私も段取りを確認しておこうと同席することにし、11:00に猟友会の担当者や加工施設の職員さんが集合しました。
20180221_105901
食肉に加工するので止め刺しをして速やかに放血。
死んだらすぐに施設に搬入して解体を行うことで肉の品質を確保します。

止め刺しの前に電気ヤリで失神させようとしますが、暴れて上手く刺さりません。
結局は棒で頭を殴って失神させ、止め刺しは心臓をナイフで刺して放血。
止め刺しをしてから1分ほどで、声にならない鳴き声を上げて事絶えました。
そのあとは証拠写真を撮って、解体施設に搬入。

4月以降はこういう作業を私もやることになります。

何時にシカが入ったかは定かではありませんが、最初に確認したのが7時30分頃。
少なくとも4時間近く余計に恐怖や苦痛を与えてしまったことになります。
実際に11時に見た時には暴れて口や鼻から相当の出血をしていました。
また町罠のサイズが大きく、暴れて 失神させるまで少し手間取っています。
やはりその分は余計な恐怖や苦痛。
シカが暴れられないよう、パイプなどを使って動けるスペースを制限するような工夫をして作業にあたろうと思います。


他の作業はブロッコリー、ホウレンソウの播種。
苗の管理やトンネルの管理といったところで変わり映えはありません。

昨日のブログに書きましたが猟友会の研修がありました。
京都府主催の研修で「ジビエ利用のためのシカ解体処理技術研修会」です。
直接的な写真は掲載していませんので「閲覧注意」ではありません。
ご安心ください。

猟友会のメンバーは結構平日は勤めている方が多いのですが、平日にもかかわらず大勢の参加がありました。
20180209_142738
林業にしろ農業にしろ、最も大きな被害を与えているのがシカであるのに対し、ヨーロッパと違い シカを食べるという食文化は本来、日本にはありません。
行政としてはシカなどの「森の恵み」を「地域資源」として活用して地域振興につなげたいと考えているようです。

全国的にこういう取り組みが行われていて、京丹波町でも行われだしているということは少し知っていました。
しかし私の場合、狩猟を始めるきっかけは一言でいうと「農作物の被害を減らしたい」というだけ。
駆除に関して人に頼ってばかりでなくて、やれるだけでも自分でやろう、ということでした。
ですのでシカやイノシシを食料としては考えたことがなく、別に食べたいとも思わない。

でもやっぱり殺生するわけです。
猟をやると決心するまでの過程で、自分を説得するような時期がありました。

ある猟師さんがインタビューに答えているのを見たことがあります。
「哺乳類だからダメとか魚類だからいいという話はない。同じ一つの命を頂くんだったら やっていることは同じこと。」

別の猟師さんが言っています。
「あなた肉食べないんですか?社会的に分業が進んで、嫌なところは自分ではやらなくなっているというだけでしょ?」

考えるとこうなるんです。
結局こう考えるしかない。

ところがこうなると自分の中に矛盾しかありません。
私がやろうとしたのはあくまで駆除です。

これまでグループ猟に3回参加して、4頭が仕留められています。
これらは廃棄されるだけで、肉も皮も人に利用されることはありません。
横たわっているシカを見ると、やっぱりなんか違和感が残ります。

今日の研修によると、写真にあるような小規模な解体処理施設が京丹波町に2か所あり、こういう施設を増やしていきたいということでした。
ただ、こういう施設は販売を前提にしているので、傷の少ないものでないといけない。
持ち込むことができるのはほぼ罠で捕獲した個体に限られます。

変な違和感が残ったまま、明日は4回目のグループ猟に参加します。

昨日はブログを更新しませんでしたが、予定通り狩猟に出掛けました。
結果はシカ2頭が仕留められました。
私のほうは今回も発砲はなし。
少し離れたところに犬に追われたシカが現れましたが、私がいるところとは反対方向に逃げました。
その直後に銃声がして、このシカは仕留められています。

今日の作業ですが、午前中は残渣等の焼却。
午後は倉庫の整理と相変わらずな日が続いています。
倉庫については保管を一から見直す勢いでやっているので結構時間がかかっています。
でも春以降の営農の効率が上がることは間違いないので、このまま時間の許す限りやっていきます。

ところで今日は暖かい一日でした。
昨日は雪がなかったのですが、気温が低くて殆ど雪は融けていません。
今日の最高気温は4℃です。
4℃ってこんな暖かかったっけー。
ということで雪融けも進んでいます。
20180129_142031

ところが明日は昼からまた雪マーク。
なかなかです。

ほぼ狩猟の一日でした。
今日のは京丹波町の丹波支部・瑞穂支部・和知支部の合同での捕獲作業で約20名が参加。
結果ですが仕留められたのは2頭。
先週と同様で私の目の前にシカが現れることはありませんでしたが、1頭は私の隣で待機していた方のところに現れて仕留められました。
先週の午前と、今日の午前・午後の間、私は銃を持ってシカが出てくるのを待ってじっとしてるだけ。
寒かったー。

まあこんな感じで狩猟をやり始めたわけですが、とても悩ましい問題があります。
それは鳥獣保護区というものに起因します。
私の住まいがあって、営農の大半を行っている曽根という地域はほぼ全域が鳥獣保護区になっています。
なので狩期(11月15日~2月15日。京都府ではシカ・イノシシについては3月15日まで)であっても狩猟が行えません。

保護区で行えるのは行政から委託される有害駆除に限られます。
ところが有害駆除が行われるのは猟期以外の期間になります。
つまり農繁期の間だけ。
しかも猟友会の銃猟の活動は主に週末。
直売所を主要な販売先としている私のような農家が特に忙しいのが週末です。
とてもではありませんが参加は難しい。

勉強不足で有害駆除が猟期以外の期間しかないというのは知らずに狩猟の資格を取ってしまいました。
でも言ってても仕方ない。
とにかくやれる範囲でやっていくしかありません。
銃猟はここまで書いているようにチームプレイで、まとまった時間が拘束されます。
それに対してわな猟のほうは個人でできて、時間的にも融通が利く。
春以降に行う有害駆除活動はわな猟を中心にやっていくしかありません。

今日は初めての狩猟でした。
結果を先に書いてしまうと一頭も獲れませんでした。

今日は総勢8名。
鉄砲を使う猟のやり方は大きく分けて3つあるようです。
・忍び猟
・単独猟
・巻狩り

忍び猟というのは犬を使わず、人間が獲物に気づかれないように足跡などを頼りに追跡して仕留めます。

単独猟は犬を放って、その犬が止めたり、猟師のもとに追いやったりした獲物を猟師が仕留めます。

今日は巻狩りです。
”勢子”という役割の猟師が犬を放って、自分でも大声を出して獲物を追い立てます。
他のメンバーは獲物が通りそうなところに待機して自分の前に来た獲物を仕留めるというものです。

今日は2か所でやりました。
2か所目では猟場に着くなりシカの鳴き声がしたり、無線で「メス2頭があっちに行った」とか入ってくるのですが、結局シカが目の前に現れることはありませんでした。
待ってる間は音とか立てるとダメなのでジーっと待ちます。
気持ち的には「来い」と「来るな」がちょうど半分ずつ。
「撃ちたい」と「撃ちたくない」が半分ずつ。

次の狩猟は20日の予定です。

↑このページのトップヘ