京丹波 松穂農園日記

京丹波 松穂農園での栽培記録を中心としたブログです。それぞれの作物をどのように栽培しているかを発信しています。

カテゴリ:栽培 2018 > 2018 ブルーベリー

泉佐野の実家に帰っていて昨日の夕方に京丹波町に戻りました。
こんなこと出来るのもこの時期しかない、ということで十年振りで両親と一泊旅行。
(ちなみにその前は中学生の頃)

少しでも暖かいところということで南紀に行ってみましたが・・・。
高速で和歌山市付近を走っていると、なんか民家の屋根に雪積もってるし、凍結防止剤を作業車が散布してるし。
今年はやっぱり違いますねー。

それでまあこんなん見たりしてきました。
20180206_120320
あと久し振りで海の景色。
20180206_165010
こんな景色何年振りでしょうか。

海か山かでいうと、私は山派。
今は農業生産者となりましたが、きっかけは30過ぎから始めた山歩きで自然に触れたことです。
サラリーマンを辞めて農業に転身するときも、自然と山のほうを選んでいました。
なので めったに海なんか見れませんが、なんか感動しますねー。

作業のほうですが、朝からトンネルの管理。
そろそろ気を付けないといけないのが、トンネルのビニールにつく結露。
水滴が作物に落ちると痛みの原因になるのです。
先日 べた掛けにしていた不織布を撤去しましたが、ビニールと二重になるように 内側に不織布を設置し直そうかとか考えながら、まずは換気をしに行きました。
20180208_093152
なんか1本だけ白く曇ってるでしょ?
曇ってないビニールも少し水滴がついてはいますが落ちるような水滴ではありません。
20180208_093620
それに対して曇っている方は・・・。
20180208_093637
実はこの一本だけホームセンターで買った廉価なビニールです。
こんな違うんですねー。
この一本も他のと同じビニールに交換しました。
ビニールの内側に不織布を2重に設置とかもしなくても、水滴の問題はあまり心配しなくて良いのではないでしょうか。

あとの作業は電気柵の補修。
ブルーベリー園の電気柵の一部を少しずらすことにして支柱の打ち直しと作戦の張り直し。
20180208_163243
やり直しって、一からやるより時間がかかります。
全部は終わりませんでしたが、ここはあと半日くらいで終わると思います。

夜にブロッコリーの2回目の播種をして今日の作業は終了です。

いやー、冷えましたねー。
は、排水のパイプからの水が・・・。
20180124_160538
こ、凍ってます。
ご覧の通り天気はまあまあで、日差しは結構あったのですが・・・。
最高気温は1℃。
それも一時間ほどで、あとは0℃以下の一日でした。

こんな日は力仕事に限ります。
ブルーベリー園に水を供給する水路の土さらいを行いました。
BlogPaint
矢印のところに水路が通っているのですが、ここに土が溜まります。
昨年の秋の台風で増水したときに溜まったものです。
ひどいところはこんな状態。
20180124_133439
気合が入ります。

土をさらう前にまずは草から。
草がこんな感じで水路周辺を塞いでいます。
20180124_132143
草刈り機を準備しましたが、手で抜ける感じだったので引っこ抜いていきます。

草を取った後は鍬で土をすくっては水路の脇に捨てていきます。
20180124_142332
ひたすらやっていきますが、捨てた土をふと見ると、なんか動いてる。
20180124_161544
か、カニや。
カニって冬眠するんでしたっけ。
あ、こっちにも。
20180124_161609
結局4匹発見。
寒かったやろなー。

とかなんとか考えながら無事終了。
さすがに暑くはなりませんでしたが、寒さは凌げた一日でした。

予報では明日はさらに寒く、最高気温は0℃。
明日も力仕事かなー。

昨晩の雪は大したことはなく、薄っすら積もった程度です。
20180111_084923
天気のほうはご覧の通り、快晴!
午前の作業は昨日の続きでブルーベリーの剪定を行いました。
しかし今日は風があります。
強風というのではないのですが、そこそこの風がずっと吹いてます。
そのせいか えらい寒い。

午後は別の作業。
イチジクの凍害の予防です。
12月があれだけ寒かったので、ちょっと対策が遅すぎなんですが・・・。
明日からかなりの冷え込みになります。
今日から明日の日中は晴れマークがずらっと並んでいるので、この隙にやってしまいます。
というのも、液状の資材を枝に塗って寒さから枝を守ろうという作業で、昨年も行っています。
20180111_162201
ペンキを塗ったように見えますが、カルシウム系の資材を水に溶かして塗っています。

イチジクってGW頃からの強い紫外線が当たると、枝がひび割れてしまうんです。
強い日照がある時期に症状が出るので”日焼け”と考えがちですが、実は凍害。
寒い時期に凍害を受けた枝に強い日差しが当たると・・・、ということらしいです。

夕方までかかってすべての株に塗り終えました。
20180111_162140

夕方には風はだいぶ治まりましたが、防寒用の手袋をしていても手がかじかむ感じです。
天気予報を見てみると、今日の最高気温は2℃。
風のせいではなかったようです。

明日の夕方から雪マークがついています。
明後日は結構長い時間降りそう。
今のところ降雪量は多くはないことになっていますが、対策は急ぎましょう。

今夜の最低気温は-5℃の予報です。
水道を少し流しながら眠ることにします。

今日は概ね良いお天気の一日でした。
作業のほうは昨日から始めたブルーベリーの雪対策の結束。
なのですが、今日は夕方から雪予報が出ているもののその先は天気は良さそうです。
それで剪定のほうも一緒にやってしまうことにしました。
ただこの剪定作業というのは果樹栽培では冬のメインの作業です。
剪定が主で、結束は従という感じになります。

昨日のおさらいになりますが、こんな感じのやつを。
20180109_162739
こんな感じにしたいのです。
20180109_163017
ところが今日やった品種は大変。
”タイタン”という品種ですが、なかなか上に伸びないのです。
太い枝が上に伸びないで横とか、さらには地面に這うように伸びてしまいます。
20180110_141309
こういう充実した枝を切るというのはもったいない気がしてしまうんです。
でもこうやって這うように伸びる枝に実が付くと 重みでさらに垂れて実が地面についてしまい、収獲ができません。
もう思いきるしかないのです。
「うりゃー」と切った後はこんな感じ。
20180110_142311
切りすぎるときが弱るとかいう話もあるし、大丈夫かいなホンマに。

中には上がどっちかわからなくなっているようなんもあります。
20180110_155730
これはちょっと悩みました。
下のほうのは切るとして、そうなるとあまり枝が残りません。
残った枝は横向きばかり。
その枝まで切ってしまうと・・・。

で、悩んだ末に 試しに横向きの枝を上に向けて誘引してみることにしました。
「上こっち!」みたいな感じで。
20180110_164537
ブルーベリーで誘引するって聞いたことがありません。
まあでも試してみることも大切ということで。

このタイタンが一番厄介な品種です。
これが終わったので、明日からはもう少しペースアップできるのではないでしょうか。

昨日はだいぶしっかりした雨になりました。
昨日は予定通り作業をさぼったので、体力は余裕で作業開始。

ブロッコリーの収穫のあとは、ほぼ圃場の排水ばっかりの一日になりました。
最初にホウレンソウの圃場の水抜きをした後はブルーベリー。
こんな感じで水が溜まっています。

20180109_130530
ここは畝を高くした関係で、今のところポンプで排水するしかありません。
それと並行してポンプのあるところまで水を誘導する溝を鍬でさらっていきます。
BlogPaint
それともう一つ。
ちょっと草でわかりにくいのですが・・・。
圃場に水を入れるための水路です。
BlogPaint
昨年の夏場の大雨の時に法面が崩れて水路をふさいでしまい、まだ復旧していませんでした。
ついでにこれも溝をさらっていきます。
20180109_135529
ずーっとこんなことをやっていたのですが、結構力仕事でくたびれます。
昨日さぼっといて良かったー。
でもこの作業って春までに他の全ての圃場でやっていかないといけません。
冬の大仕事です。

日没までまだ少し時間があったので、ブルーベリーの雪対策。
今こんな感じです。
20180109_162739
ここに大きな雪が積もると、重みで枝を折ってしまいます。
これを紐でギューッと縛って。
20180109_163017
これで大丈夫。

取り敢えず一畝やってみました。
20180109_170837

今のところ当面は大きな雪の予報は出ていません。
でも昨年も雪が多いと言われながら1月中旬までは大した雪がありませんでした。
ところが1月15日に・・・。
http://matsuho.blog.jp/archives/2017-01-15.html

気を付けましょう!

↑このページのトップヘ