京丹波 松穂農園日記

京丹波 松穂農園での栽培記録を中心としたブログです。それぞれの作物をどのように栽培しているかを発信しています。

カテゴリ:栽培 2018 > 2018 ブロッコリー(春)

今日の午前中はブロッコリーの残りの資材を全部回収。
午後からは残渣をトラクターで破砕、の予定だったのですが・・・。
その前に石を拾うことにしました。

これまでに何度か書きましたが、ブロッコリーの後半を栽培した圃場はとても石が多いのです。
使わせてもらうようになった当初は大きな石がたくさん出てきて、耕耘するたびに拾ってました。
だいぶ減ったかなーと思っていたのですが、また石が浮いてきていて。
さすがに大きな石はもうあんまりないのですが、まだたくさん出てきます。
20180203_131539
これは地道にやっていくしかないです。

写真は晴れの時に撮りましたが、今日は時雨がちな一日でした。
今日はトラクターは止めとくかーとも思いましたが、晴れ間を狙って作業をすることに。
ところがここでトラブル。
普段使用することが多い耕耘用のロータリーから、破砕用のモアに付け替えようとしたのですが・・・。
外れたロータリーが傾いてしまって付け直すことができない状態に。
自動車のジャッキで持ち上げたりしてみましたがダメで、結局お隣にSOSして何とかロータリーをもう一度付け直すところまでで今日はいったん作業は終了としました。
振り出しに戻った状態。
明日またやり直します。

大安吉日のはずなのに・・・。

そうです、今日は大安吉日。
大安といえば播種の開始です。
ということで夜は5月の収穫を目指してブロッコリーの播種を開始しました。

せっかく作業場をリニューアルしましたからねー。
ストーブとか置いちゃいました。
20180203_184941
せこいので半分しかつけませんが、それでも十分です。

いつもやる播種作業。
どんな感じでやっているかというと。
まず種蒔き用の土をシートにひろげます。
20180203_184928
このままだと水分が足りないので水をかけて鍬で混ぜます。
20180203_190458
種を蒔いた後、水をしっかりかけるので、「ちょっと湿ったかなー」くらいです。
次に、この土をトレイにつめたあと植穴を作ります。
それにはこんな道具を使ってます。
20180203_190853
これを左右に転がすと、同じ深さの植穴が簡単に作れるのです。
20180203_190930

で、この穴に種を落としたあと土をかけると播種は終了。

とにかく秋・冬のブロッコリーは惨敗でした。
発表された3か月予報では、気温は例年より低めに推移するらしい。
この時期のブロッコリーは初めてだったり、不安材料はありますがとにかくやってみます。

今日は昨日の続きで、来年の春・夏作の圃場準備が最重要なのですが、それだけというわけにはいかないのが辛いところです。
最初にやったのはホウレンソウ圃場の養生。

次回播種した後は、1か月ほど種まきを中断する予定です。
ここまで蒔いてきた種は、かなり時間をかけて大きくなります。
でも春先に蒔く分は、短期間で大きくなります。
このまま雪のリスクを背負わなくても、厳冬期が過ぎてから播けば切れ間なく収穫ができるはずです。
とにかくこの時期の栽培は初めてで「どれくらい」という微妙なところはわからないのですが、まずは2月になってから続きを播くことにしました。

で、今日は来年播く畝の土が固くならないよう、マルチを着せる作業。
20171223_113055
濡れて乾いてを繰り返すと、どんどん土が固くなってしまうのでそうならないよう養生します。

少し圃場に日が当たるようになってからはブロッコリーの収穫。
今日は中2日の収穫で、少し多めに収穫できました。
でも相変わらず10個/日ペースですが・・・・。

あとはトンネルの管理。
トンネルって張りっぱなしではダメなんです。
この時期は温度が上がりすぎるということはないのですが、換気は必要。

トンネルの端をめくって。
20171223_095109
途中も何カ所か裾をめくっておきます。
20171223_095119
これ加減が難しくて、やりすぎるとパーッと風が吹いた時にめくられたりします。
この辺はまだまだ経験が不足していて、やりながら勉強していくしかないです。

そして午後になってようやく昨日の続きに取り掛かります。
今日のところはブロッコリーの栽培予定場所の畝立て。
畝の幅と長さを決めて印をつけた後はいつもの通りポチで溝を切っていきます。
20171223_161834
午後いっぱいかかって、ブロッコリーの栽培予定箇所の溝切りは完了しました。
20171223_164722
畝を成型するところまでやって畝立ては完了となりますが、明日の雨に向けては溝まで切れたらOKです。

明日はスイートコーンのほうを行います。
雨の降る出しは遅めで15:00~という予報になっています。
スイートコーンの畝を立てた後、降り出す前にホウレンソウの種蒔きまで出来たら最高ですが・・・。
とにかくやれるだけやってみます。

今日の最重要課題は昨日の続き。
来年の春・夏作に向けての圃場準備です。
朝一番から取り掛かりたいのですが、このところ毎日こんな感じです。
20171222_074113
トンネルなんかカチコチです。
20171222_074117

こういう時って土も凍っています。
耕耘はもう少し日差しが出てからやることにして別の作業。
早朝はあまり風が吹きませんが、今朝は特に風がなくて予報でも”静穏”。
こういう時はビニールを扱うのにもってこいです。
それでホウレンソウの次回播種予定の畝にマルチを張りました。
20171222_080009
風がないとホントあっけなく終わってしまいます。

そして、8時を過ぎて圃場に日が当たるようになったところで耕耘開始。
昨日耕耘した向きと直角方向に耕耘していきます。
20171222_085133
こうすることでより平坦にすることができます。
今日はとても天気は良く、一通り鋤いたところでもう少し日に当てて乾かすことにしました。
このあと苗の管理とかして午前は終了。

早めの昼を取ったあと、しばらくぶりでバイクに乗りました。
といっても例のごとく。
ちょっと走ってコンビニでコーヒー飲んで帰ってくるだけ。
20171222_124455
距離にして30キロ、時間にして40分。
これでも十分リフレッシュできるのです。
寒くないのか?
いや、それが全然寒くない。
手袋にしろコートにしろ、今の(と言っても8年くらい前に買ったものですが・・・)バイク用品ってすごい。
きっちり冷気をシャットアウトしてくれます。
ただやっぱりそれなりに着込むので、気軽に乗る感じではなくなってしまうのでアレなんですが。

帰ってからは午前の続き。
20171222_134356
今度は仕上げの耕耘です。
トラクターを一番ゆっくり動かして、ロータリーは一番高い回転数で動かします。
とにかくゆっくり動くのでとても時間がかかります。
作業すること3時間半。
でも時間をかけた甲斐がありました。
20171222_155145
この時期、特に今年の寒さの中としてはかなり上出来ではないのでしょうか。

ただちょっと時間がかかりすぎて、タマネギの植付の残りは出来なくなってしまいました。
バイクは”また今度”にしたら良かったかなー。

昨日書きましたが、日曜の雨に向けての作業。
黒豆の枝豆を栽培した圃場の耕耘を行いました。
通常この時期の耕耘って、残渣やら雑草やらを鋤き込んで、春までに土の中でなるべく分解させる。
さらに溝を切って、春先の耕耘に備えて少しでも圃場が乾きやすくする。
みたいなことなんですが、今回はちょっと違います。
来年はここでスイートコーンを栽培する予定です。
できたら、10aくらいは5月くらいの出荷を目指してブロッコリーを栽培できないかとも考えています。
それで その圃場準備を今のうちにやっておくことにしました。

ここは田んぼの中でも水はけが良くない圃場です。
昨年もここでスイートコーンを栽培しましたが、春先は乾かず、水分が多くてとても苦労しました。
苦労した挙句、足を取られながらゴロゴロの土に植えるしかなくて・・・。
この冬は冷え込みが厳しいのですが、このところ晴天が多くてだいぶ乾いてきました。
それで今のうちにしっかり土を砕いて畝立てまでやっておけないかと考えました。
そのままにしておくと、雨や雪で濡れて、また乾いてで土が固くなるので、マルチを被せておけば春先も土の状態が良いのではないか。
といったことを狙っています。

で、まずは黒豆の栽培で立てた畝をつぶしていきます。
20171221_100923
今日は2回耕耘して、ほぼ平らな状態になりました。
土はまだゴロゴロしていますが、昨年の春先に比べると全然いい感じです。
明日もう一度耕耘して、明後日には畝を立てる予定です。

残った時間でタマネギ(晩生)の定植。
本来はとっくに植え終わってないといけないものです。
ところが今年は苗の生育が悪く、晩生の苗はトンネルで保温していました。
その苗がだいぶガッチリしてきたので、今日から植付。
20171221_170158
トレイ3枚でこの2畝だけです。
7割がた植わってところで、日没作業終了。
残りは明日植えてしまいます。

↑このページのトップヘ