京丹波 松穂農園日記

京丹波 松穂農園での栽培記録を中心としたブログです。それぞれの作物をどのように栽培しているかを発信しています。

カテゴリ:栽培 2018 > 2018 タマネギ

ちょっと期待外れな天気いなってしまいました。
曇ったり晴れたりだったのですが、平均するとこんな感じでしょうか。
20180107_135437
雨は降りそうにはないんですが、そうかといって青空が広がるわけででもなし。

先の予報を見ると大雪の心配はなさそうです。
水曜以降は最高気温は4℃前後と寒いのですが、最低気温は意外と下がらなさそうです。
それで午前はタマネギの管理をやることにしました。
パッと見はこんな感じ。
20180107_092726
って、よく見えないのですが、植え付けた時とほとんど変わらない感じです。
まあこの時期に大きくならないのはいいのですが、問題はこれ。
20180107_092738
植えた苗が飛び出しています。
これって植えた後に土が凍るのが原因です。
凍ると体積が大きくなって、押し上げるような格好になるんです。
特に寒かった12月中・下旬に植え付けた苗にたくさん見られます。
それをもう一度植え直すような作業。
単調で退屈な作業ですが、ぼんやりと考え事をしながらやっていきました。

午後はホウレンソウの定植。
今日で春に向けてのホウレンソウの前半の播種・定植は終了です。
20180107_162323
大雪に見舞われたら全滅も覚悟しながら始めましたが 御覧の通り今は無事。


前に書きましたが、後半は2月になってから種を蒔きます。
今晩から明後日の明け方にかけて天気は崩れそうです。
休みにしようかなー。
でも正月に休んだばっかりやし。
でもまあいいか、ゆっくりした気分になれるのは今の時期だけですもんねー。
明日ブログを更新してなかったら多分さぼってます。

起きてみると予報よりは雪が降ったようでしたが、幸い積雪は大したことはありませんでした。
20171227_075820
ただ圃場での作業はやらないほうが良い状況。
午前中は来作の資材をネットで探したりして天候の回復を待ちます。

でも残念ながら今日は終日雪がちらつく一日でした。
午後からはやれる範囲で圃場の排水の改善をすることにしました。
先日溝切を終えたブロッコリーとスイートコーンの栽培予定地はこんな感じです。
20171227_123820
溝には水が溜まっていますが、この先この水を少しでも外に出していかないといけません。
ここは田んぼで水が溜まるように作られているので、表面水を排水するしかありません。
ちょっと草でわかりにくいのですが、この溝が大動脈です。
20171227_134543
ここに水を誘導することで圃場の水を排水していきます。
まずは畝とは直角方向に切った溝はこんな感じ。
20171227_124009
最初にスコップと鍬でこの水を大動脈に排水するための溝を切りました。
20171227_124538
これを3か所について施工。
そのあと畝間の水を直角方向の溝に誘導するための溝切りを行いました。
20171227_134315 (1)
これってやったからといってすぐに水がなくなるわけではありません。
畝間に溜まる水をなるべく少なくしておくことで、晴れ間が続いた時に少しでも早く乾くようにするということです。
この先は厳冬期となり、気温が低く、また降雪・降雨も多くなります。
”少しでも”という対策です。

このあとブロッコリーの圃場へ。
このところ風が強く、トンネルも一部剥がされていたのでそれを復旧。
20171227_144455
ビニールのトンネルって晴天の日はいかにも暖かそうですが、今日みたいな日はさすがにそんな感じはしませんねー。

まだ時間があったので、少し後回しにしていたタマネギの定植の残りを片付けました。
20171227_163211
今日の最高気温は3℃。
「寒っー。」って言いながら、約2時間で作業は完了しました。

今日は午後からの雨に向けての作業となりました。
まずはブロッコリーの収穫からでしたが、幸い(?)ブロッコリーの肥大は緩慢で、収量は少ない状況。
その分、他の作業に時間を使うことができました。

ホウレンソウですが、昨日の続きで種蒔き。
まだ雨は降っていないものの、午前中で土の表面の水分が多くてやりにくかったですが2時間程で終了。

そのあとは昨日から乾燥を始めた黒豆に雨避け。
20171204_104933

雨の前にどうしてもやりたかったのはここまでです。
まだ雨は降りだしません。

早めの昼食の後、ブロッコリーの追肥。
前に書いた通りで、9~11回目の生育が心配な状況です。
低温下では肥料は効きにくいのですが、可能性はあるので施肥しました。

それからタマネギの定植。
20171204_153700
青いポールの奥が今日植えたところです。
途中から雨が降り出しましたが、そんなに強い雨には打たれることなく作業終了。
植えたのは中生の2品種目で、あとは晩生を残すのみとなりました。
ということで今日もまあまあ思った通り作業が進みました。

ただ、今日植えた分もそうですが、晩生の苗もまだかなり小さいです。
やはり気温が低いのです。
なんかこの先も強い寒気が入って来るようで。
予報では7日の最低気温は-4℃。
本来ならもう植えていないといけない時期なのですが、大きくできないか少し保温してみようと思います。

年内最後の作物としてブロッコリーの出荷を行っていますがその状況。
販売自体はとても順調です。
これまで出荷したものはすべて完売しています。
それもあってか、すっかり調子に乗っている今日この頃。

私が販売している直売所って、営業時間中ならいつ出荷してもいいんです。
なのでお客様が買い物をしているところに台車に商品を積んで入っていきます。
すると「何持ってきたんだろう?」とお客様が覗きに来られることが良くあります。

私「ブロッコリーの軸って食べてはる?」
お客様「えっ?食べへんけど。」
私「もったいない!あのねー、ブロッコリーっていうのは軸が美味しいんやから。」

調子に乗ってますからねー、説教始めちゃうんです。
でもこうやって声を掛けると大概買ってもらえます。
もう、ほぼ100%。
「ほんまに?そしたら2個買って帰るわ。」とか。
ということで、結構楽しく販売してます。

作業のほうもまあまあ順調。

タマネギは中生の1品種目の定植が完了。
20171120_151533
右から2畝目と、3畝目の手前のほう。

先日播種したホウレンソウも今日から芽が出始めました。
RIMG1457
例によって裏の畑に育苗スペースを作って育てています。
20171121_152254
問題はこのホウレンソウを植え付ける圃場が作れるか。
昨晩も夜中に雨が降りました。
今日も少し時雨がち。
明日は夕方から雨が降るようです。
低温が続いており、土はまだまだ水分が多い状態です。

でもベストでなくても植えないことにはどうしようもありません。
耕耘&畝立てができるかどうか、まずは明日やってみます。

今日も午前中はブロッコリーの収穫と出荷。
今収穫している区画(4回目)はかなり安定して収穫することができています。

午後はタマネギの定植。
中生は2品種栽培しますが、今日はそのひとつめ。
4トレイ播種したうち2トレイを定植しました。
20171115_171009
このあとブロッコリーに追肥して、圃場での作業は終了です。

ところで昨日の雨は結構しっかりしたものになってしまいました。
こうなると厳しいのはホウレンソウの畑作り。
土曜には次の雨が来る予報で、そこまで低めの気温で推移しそうです。
ちなみに予報では金曜の最低気温は-1℃。
雨の前にもう一度耕耘して、畝を立てて播種までというのはかなり難しそうです。
なので1回目は苗を作って定植することも考えます。

ホウレンソウって直に種を蒔くというのがセオリーです。
移植は向かない作物ということになっています。
でも農業のセオリーって怪しいものが多い。
3年前にちぢみホウレンソウでちょっとやってみた時には、まあいけそうな雰囲気でした。
まずはやってみようということで、夜間作業でホウレンソウの種蒔きを行いました。

↑このページのトップヘ