京丹波 松穂農園日記

京丹波 松穂農園での栽培記録を中心としたブログです。それぞれの作物をどのように栽培しているかを発信しています。

カテゴリ: 栽培 2017

最近ちょっと困ってることがあって・・・。
天気予報なんですけど。
予報が当たらなくて翻弄されることがあるのは以前からです。
でも前線が来てるときとか、予報が難しい時期はこちらも当たらない前提でそれなりに動きます。
なので当たらなくても、まあ仕方ないという感じです。

今困っているのはまた別の話。
スマホの天気予報。
今朝見たらこんな感じ。
RIMG1460
これを”1時間ごと”に切り替えるとこうなります。
RIMG1461
こういうの「作業どうしようかー」ってなるんですよ。
これは改善できるやろー!って言いたくなりますよねー。
ちなみに今日の天気ですが、雪がほんの少ーし舞った程度であとは概ね良いお天気でした。

で、作業のほうですが午前は黒豆の脱粒。
地域の共同作業場にある機械を使用します。
20171217_100548
この機械に枝ごと入れると、黒豆の粒だけにしてくれます。

午後はブロッコリーの管理。
今朝は一日おきにやっているブロッコリーの収穫の日でした。
ところが圃場に行っても収穫できる株はなし。
ゼロですよゼロ。
さすがにちょっと、ということで・・・。

今は7回目の収穫中です。
それがこんな状況。
先日、保温のためのトンネルをしたのが9回目から。
8回目は花蕾ができており「そのうち大きくなる」と何もしていませんでしたが不安になってしまいました。
それで8回目にもトンネルをすることにしたのですが、今日はその準備作業。
保温することで発生が懸念される病害虫の予防をした後で追肥。
20171217_161641
暫く雨マークがないので、液肥で行いました。

そんなぼろぼろの状態のブロッコリー・カリフラワーですが、今日はちょっとだけ嬉しいこともありました。
20171217_141257
カリフラワー(白)の花蕾を初めて確認できました。
まあこれが収穫までいけるかというと、かなり厳しい状況ではあるのですが可能性は出てきたということで。

それから夜は黒豆の選果作業を行いました。
脱粒した黒豆をふるいで2Lサイズだけにしていきます。
20171217_185528
京都府の基準では、9.7mm以上が2Lとされています。
ふるいでいうと「亀甲3分21番手針金」なのだそうで、このふるいを今年調達しました。

早速ふるってみた結果・・・。
20171217_185446
左のたらいに入っているのが2L。
右がそれ以下です。
80パーセント以上というか、9割近くが2Lという結果になりました。
枝豆で販売しているときから他の生産者とは大きさにかなり差がありました。
黒豆にしてみて、改めて自信を深めることができ、とても気分が良いのです。

いい天気でしたねー。
20171203_141225

今日はブロッコリーの収穫のあと、この天気もあって作業は気持ちよくはかどりました。

ひとつは黒豆。
葉取りをしたあと、圃場で豆の成熟を待っていましたが、だいぶ良い感じになってきました。
ゆすってみたときに、莢の中の豆が皮から離れてカラカラした感じになると次の工程。
乾燥になります。
株元から切って上下ひっくり返して圃場に並べます。
20171203_140246

もう一つはホウレンソウ。
先日の続きでマルチ張り。
現在育苗中の苗を植えるところもマルチを張り終えました。
20171203_144917

右端の2本は先日マルチを張ったところですが、この1本に種蒔きを行ったところで日没作業終了。

明日は昼から雨マークがついています。
ブロッコリーの収穫のあとは午前中にホウレンソウの2本目の種蒔きと、黒豆の雨避けをしないといけません。
ちょっとドタバタになります。

台風の影響でかなり不調な感じで始まった今年のブロッコリーの収穫・出荷。
3回目播種分あたりからだいぶ持ち直しましたが、例年にない低温でアントシアンが強く出ないかヒヤヒヤの状態でここまで何とか来ています。
全部で11回播種していますが、今は6回目を中心に収穫しており、ちょうど折り返しです。
6回目以降はアントシアンが出ない品種で、収獲の作業もようやく安心してやれています。
7回目も収穫が始まっているのですが、とても良いブロッコリーが収穫できています。
ところが。
ところがです。
この先はちょっと怪しい。
7回目も明後日か、明々後日にはピークに差し掛かると思われます。
通常はある区画がピークになるころには次の区画が採れ始めます。
で、8回目はどうかというと・・・。
20171201_085038
花蕾は出来ているのですが、収穫まではまだまだかかります。
9回目になると花蕾はまだ全然できていません・・・。
低温の影響なのか、台風で湿害があったのか。
もう少し様子を見てやれることはやってみますが、どこまで回復するかは何とも言えません。

一難去って、また一難。さらにまた一難。
今年のブロッコリーはそんな感じです。

あと今日はホウレンソウの圃場準備を進めました。
急ぐところから順にやっていきます。
まず育苗している1回目と2回目を植え付ける畝と、3回目に播種するところの畝を成型。

3回目からは育苗せずに直播します。
定植よりもこの播種が先になるので、今日はその畝にマルチを張るところまで行いました。
20171201_163414
今のところ日曜か月曜に播種を行う予定です。

明日は講習会に参加予定で作業のほうは休みになります。

雨ということで明け方の寒さは緩みましたが、やっぱり雨の中の収穫作業というのは寒いもんです。
でも、この時期のブロッコリーって、花蕾が毎日大きくなるので休むわけにはいきません。

そんなブロッコリーの収穫。
例年だと、収穫してると翌日の収量は大体予想が付きます。
でも今年は「あれ?」と思うことが多いです。
肥大が緩慢になって、思ったほど大きくならない。

そんな中ですが、「今日は多い」という予想で収穫開始。
結果は・・・。
「やっぱり多かった。」
当たってるんやろ?
でも違うんです。

4回目播種分がピークになり始めたかと思ったら、今日は予想に反してペースダウン。
5回目がそこそこ採れだしていて、これは予想通り。
ここまでだと「今日は少なかった。」になるのですが・・・。

6回目が結構採れだしてしまいました。
この6回目から後半の品種になります。
寒くなってもアントシアンが出ない品種です。
アントシアンが出たらこんな感じです。
20171116_080107
花蕾もうっすらと赤みを帯びていますが、色素が出ているだけで、茹でると一瞬で消えてしまいます。
写真のは強めに出ている方で、少し値段を下げれば問題なく売れます。
軸にまでアントシアンが出ているのは1割もなく、なんとか無事に出荷ができているという状況です。

後半の品種はこれが出ないので寒い時期の栽培に向いています。
さらに低温下での伸長があるということで、5回目を追い抜きつつあります。
そんな計算違いがあって、今日はたくさん採れてしまいました。
計算違いで予定通りな一日でした。

ブロッコリーですが今日から4回目播種分の収穫が始まっています。
台風の影響で序盤は厳しい状況でしたが、ここ数日は品質のほうもだいぶ改善してきました。

「軸まで美味しい」が当園の最大のセールスポイント。
ところが1、2回目播種分はだいぶ大きくなってから台風で倒されてしまい、軸が曲がってしまいました。
(風で倒された後も自分で真っ直ぐ上に伸びようとする結果、首のところで曲がってしまうのです。)
なので よくスーパーで売られているのと同じようにあまり軸を付けずに販売してきました。

それが3回目あたりから徐々に改善してきて、軸が真っ直ぐな株が多くなってきました。
20171111_085937
ですので軸を長く付けて販売できるものが多くなっています。

でもねー、いい話ばかりではありません。
この11月はとにかく寒い。
この前の寒さのあとは少し緩むのを期待していましたが、明日の朝はまたかなり冷え込みます。
予報では夜半過ぎから7時頃まで2℃になっています。

防寒資材は5回目播種分に移動。
20171112_170806

1か月予報によると、まだ10日くらいはこの寒さが続きそうです。
6回目播種分からは寒さに強い品種に切り替わります。
それまでなんとか堪えてほしいところです。

↑このページのトップヘ