京丹波 松穂農園日記

京丹波 松穂農園での栽培記録を中心としたブログです。それぞれの作物をどのように栽培しているかを発信しています。

カテゴリ:栽培 2016 > 2016スイートコーン

先日書いた通りで、白いスイートコーンは撤去。
残されたのは黄色のスイートコーンです。
で、この黄色のコーンの状態ですが、正直良くありません。

これまで書いた通り、この圃場は現状では水はけが良くありません。
改善しきれないままに定植を行い栽培していますが、その影響が出始めています。

でも諦めるわけにはいかないので、今日の作業はここの追肥から。
2種類の肥料を混合して散布しました。

水はけが良くないと言っても植え付けた半分は、まあまあ大丈夫な感じです。
少しでも多く出荷ができるようにやってみます。

今朝の作業はスイートコーン(黄)の害虫防除を行いました。
スイートコーンを栽培する中で、一番気を付けないといけないのはアワノメイガという蛾の幼虫です。
これが実を食害して穴を開けてしまいます。
直売所なんかでコーンの先を切って売っていたりするでしょ?
大概これにやられています。

私のほうですがこのところのトラブルで防除のタイミングがやや遅れてしまいました。
1~2回播種分は厳しいかもしれません。
でもとにかくやれることはやっていくしかありません。
しかし、朝から薬散というのは気持ちがブルーになりますねー。

可能な限り毎日書き続けていたブログですが、このところちょっと途切れがちになっていました。
一番大きな理由は作業がマンネリになって「同じこと書いてもなー」でした。
でもこの1週間はちょっと違っています。
些細なことで問題が起きてしまって・・・。
結論から言うとブドウとスイートコーン(白)の農地を地主さんにお返しすることになりました。
それで撤去の作業を昨日まで行っていました。
撤去後のブドウ園。
RIMG1198
もうなーんにもありません。
ブドウの苗は鉢に移して自宅付近で養生中です。
RIMG1201

スイートコーン(白)の圃場。
20160617_191122
同じくなーんもなし。
これまでは怖いくらい順調でした。
何か落とし穴があるような気がしていたのですが・・・。
ブドウと違って移植というわけにはいきません。
トラクタで粉砕して鋤き込みましたが、収穫前の作物にこういうことをするのは生産者としてはやはり心が痛みます。
昨年はシカにやられて半分しか出荷ができませんでした。
とても評判が良かったので「今年こそは」と栽培面積も何倍にも増やしていましたので残念です。

でも今回はこうするしかありませんでした。
きっとばちがあたります。
こういうことが二度と起きないように心掛けるしかありません。

今朝はタマネギの出荷の後、スイートコーンの定植準備を行いました。

マルチを張って穴開け。
いつもの作業です。
風もなく作業はしやすい条件でした。
でもなんか身体が重く、調子が出ません。
どうも今日は湿度が高いのと、寝不足がたたっているようです。
でも午前中には作業終了。
RIMG1185
明日いつものご近所の方に植え付けていただく予定です。

このあと昼寝をしたらすっかり回復しました。
やっぱり寝不足というのは良くないようです。

午後は雨が降ったのと、夜に地域の寄り合いがあるのでタマネギの出荷準備。
そのあとトマトの管理作業をして今日の作業は終了です。

今日は雨予報の一日。
GW以降は休みの日に雨がなく、ずーっと作業の日々だったので今日は休みましょう。
でもその前にやらないといけないことを片付けていきます。

タマネギの消毒やらなんやら。
雨の前にやっておきたい細々した作業をしていきます。

雨の予報が正午頃からに変わりました。
以前の予報では水、木、金と雨マーク。
長い雨です。
雨量が多いとスイートコーン(黄)の最後の定植は諦めるつもりでした。
でも昨日はほとんど降らず、今日もここまで雨はなし。
ご近所の方と相談してスイートコーン(黄)の最後の定植を行うことに。
いつもはなるべく涼しい時間を狙って朝一番から植えてもらいます。
でも今日は「曇ってて暑くないし、お願いします。」ということで10時30分から。
雨が降りだしたらそこまでという約束で作業を開始しました。

そしたら雨が降らないところか しまいには晴れてしまい・・・。
でも「暑い!」とぼやきながらも頑張っていただき、12時半には植付は終了しました。
RIMG1182
これで今年のスイートコーン(黄)の定植はすべて完了です。
いつものことですが、植え終わると「やれやれー」なのです。

↑このページのトップヘ