京丹波 松穂農園日記

京丹波 松穂農園での栽培記録を中心としたブログです。それぞれの作物をどのように栽培しているかを発信しています。

カテゴリ:栽培 2015 > 2015 ブルーベリー

今日は収穫間近になった2回目、3回目定植分のブロッコリーの追肥から。
一般的には前回の追肥で施肥は終わらせます。
でも、「甘く・茎まで柔らかく」仕上げるために続けて肥料を効かせていきます。

厄介なのは生育に差が出ている点。
同じ日に定植したものでも、同じように肥料をやれない状況です。
使用する肥料は2種類。
一つは花蕾の大小にかかわらず施肥します。
もう一つはまだ花蕾の小さい株だけに与えました。
手間ですが販売する商品の品質をそろえるため、手を抜かずやっていきます。

そんな中、早く大きくなってしまったブロッコリーをいくつか収獲しました。
RIMG0777
「なってしまった」というのは、早く大きくなりすぎてまだ肥料が効いていないと思われるのです。
ですのでこれらは販売せず、いつも作業を手伝っていただいている皆さんにお裾分け。

あとはタマネギ苗の追肥や資材の洗浄をして今日の作業は早目に終了としました。
ここ数日、全身に乳酸がたまっているような感じで・・・。
昼間に作業していても眠気を感じるようになっています。
だいぶ疲れがたまっているようです。
明日は雨なので、ここで一日休みにすることにしました。
ブログもお休みにします。

ところで朗報です。
難航していたブルーベリーの農地。
本日最終確認して栽培させてもらえることになりました。

ということで、ますます忙しくなります。
先の作業をすべて見直してなんとか年内に植え付けていきますよ。

雨がないですねー。
今日で一週間雨がありません。
さらにこの先も雨マークがなく・・・。
真夏の干ばつではないのであれなのですが、さすがにちょっと心配です。
今日の作業ですが、ブロッコリーに灌水することにしました。
最後に定植した苗ですが、植え付け時に水をやっていますがそれ以降雨を貰えていません。
初期生育というのはどの作物でも大切なのですが、ブロッコリーは特に大切とされています。
活着はしていますが、まだ根は張っておらず、地中深くの水はあまり吸えていないはずです。
萎びたりはしていませんが、今後の生育が心配です。
水をやるのは良くないという話も聞くのですが・・・。
水をやってしまうと、どんどん水を欲しがってしまうそうです。
でも腑に落ちそうで落ちない話でもあり・・・。
考えましたが、最終定植分とその前に定植したブロッコリーに一株ずつ水をやっていきました。
RIMG0698

アルバイトから帰宅後もまたブロッコリーの作業。
今度は中耕です。
RIMG0700
これまでより早いタイミングで実施しました。
やってみた結果ですが、これくらいでやったほうが株も傷つけず良かったように思いました。
本を読むと1回目の追肥の時にやると書かれていますが、そこまで待つとブロッコリーが大きくなっていて機械で痛めてしまう可能性が高くなるのです。
手間なようですが、中耕は中耕、追肥は追肥でやったほうが良いように思います。

そしてたった今、発注したブルーベリー苗の先行分が到着しました。
RIMG0701
150株ほど発注して先行分25株です。
残りは12月に到着する予定です。

さて明日から3連休。
雨がなくて助かるのが果樹園の造成です。
まずはイチジク畑から。
頑張りますよー。

今日はアルバイトが休みの日です。
平日の休みを生かすように作業を決めていきます。

朝は灌水から。
このところ雨がありません。
有難い反面、苗にとっては厳しい状況です。
そこでタマネギの苗に灌水しました。
土に直接種を播いた苗はまだ大丈夫と思うのですが、セルトレイに蒔いた苗が心配で。
もうトレイの下の穴から根が出て、下の土から水分、養分を吸収しているとは思うのですが・・・。
心配性なので仕方ないです。
RIMG0687

このあと果樹苗に灌水して朝の作業は終了です。

この後ですが、ブルーベリーの農地探しです。
といっても、先日断られた方に最終確認することにしました。

今日はイチジクの農地の確認と、丹波黒の状態の確認で南丹農業改良普及センターの方に来ていただくことになっています。
前に書いた通り、私から説得するのは得策ではなく、しないことにしていました。
しかし、第三者である行政の専門家に 地主さんが不安に感じている点を確認してもらうことで払拭が出来るのではないかと考え、地主さんのところに同行していただきました。
地主さんには気になっている点を質問してもらうようお願いいしました。
しかし、漠然と「田に木を植えると土が悪くなるのでは?」という質問に終始し・・・。
もう少し具体的に”どう悪くなるか”を言って貰えると回答もしやすいのですが、そこまでには至りませんでした。

土の話以外に「人に農地を貸したら雑草でボウボウにされてしまっている。」という話がありました。
これについては私がお借りしている農地で栽培している黒大豆、ブロッコリーや造成のやり直しをしているブドウ園を見ていただきました。
草に関しては心配を払拭できたのではないかと思います。

普及所の方からもいろいろご説明をしていただきました。
あとは、回答を待つことにします。

次は普及所の方にイチジクの栽培予定地を見ていただき、周辺の農地に悪影響が出ないように私が行う対策をご説明しました。
後日最終見解をいただきます。

そのあと丹波黒の状態を見ていただきました。
RIMG0691
安川副所長(右)と京丹波町担当の内藤さん(左)です。
今年は夏の暑さと干ばつの影響からか、全体に莢の数も肥大も良くないそうです。
莢の数でいうと、良いと100。
良くないと50くらいだそうです。

そんななかで私の丹波黒の今の状態は・・・。

RIMG0692
「100ありますよ。実もきれいでよく膨れています。」
莢の数、肥大ともに申し分ないそうです!
もう「やったー!」という感じ。

今の莢の大きさはこんな感じです。
RIMG0696
皮をめくってみると、まだ色はついていません。
収穫適期になると中の皮が紫色になり、徐々に黒くなっていきます。
枝豆で出荷する場合、この紫色が収穫開始の目安になります。
ということでまだまだ大きくなりますよ!

午後はブロッコリーの土寄せをして、あとは頼まれている草刈り等をしました。

今朝も天気は良く、霧の中での作業スタートです。
”?”でしょうか。
霧が出るときって、たいがいは天気が良い日なのです。
このところ晴れる日の朝は、ほぼ霧に包まれています。
実はこの霧が丹波の特産物を生み出す要因の一つとされているのです。
例えば私が栽培している丹波黒。
前に勤務していた農場で取引のあった肥料の業者さんから聞いた話。
静岡の業者さんですが、静岡で栽培しようとしたところ全然だめだったそうです。
なので、毎年10月には京丹波町で黒豆を買って帰るとか。

昨日はブロッコリーの定植後の写真を取り忘れていたのですが、今朝撮るとこんな感じ。
RIMG0681
霧が出ているのがなんとなくわかるでしょうか。

そんな霧の中、今日の作業はブロッコリー畑の石拾いから。
今回の畑作りで出てきた大きな石はすでに拾っています。
今日は畝間の通路を一輪車を押しながらもう少し小さい石を拾いました。

でもこれで石をすべて取り除くことはできません。
あくまで今回の畑作りで表面に出てきた石だけです。
石を少なくするのは何年もかかる作業ですが、諦めたらいつまでたっても”石の多い畑”のままです。
3時間ほどやって、半分ちょっと終わりました。

この作業も作物の生育状態に合わせてやる作業です。
作物がまだ小さければ一輪車であてることなく作業ができます。
RIMG0683
でも作物が大きくなって、こうなるともう無理です。
RIMG0684
タイミングよく作業を終わらせようと思います。

この後ですが、ほぼ草刈りの一日でした。
畑周辺以外に 人から頼まれていたところの草刈りとかをひたすらやっていました。

そして作業の合間に自宅近くに戻った時です。
ブルーベリー栽培予定地の地主さんが来られて・・・。
「やっぱり木を植えるのは止めてほしい。野菜にできないか。」

もとはイチジクを栽培する土地を探している中で出てきた農地でした。
あれこれ問題がありイチジクは断念しましたが、ブルーベリーの話になってからは問題なく話は進んでいました。
ですので先日はあくまで「最終確認」ということで話をして、そこでも問題なくOKを貰っていました。
しかし今日になって突然・・・。
でも地主さんが嫌だと思っているところに植えることは出来ません。
無理に説得して植えたとしても良いことはないんだろうーなーと思います。
「わかりました。」
と返事をして、あとはまたひたすら草を刈って、いつもより早めに作業は切り上げました。

やっぱり農地の問題は一筋縄ではいきません。

天気予報が好転して安心していたら・・・。
朝起きて予報を見ると今度は朝から雨マークに。
とにかく雨が降る前にやれるだけやっていきます。

ところで今朝の京丹波町は寒いくらいでした。
最低気温が13度ということで、1桁も間近?
どんどん季節が進んでいきます。

話を戻しましょう。
雨が降って土が濡れると、耕耘のような作業はできません。
まずはブロッコリーの中耕から行いました。

ブロッコリーですが前半定植分は太陽熱消毒の効果であまり草の管理に時間はかかっていません。
RIMG0670

ところが後半定植部分は太陽熱消毒を行っていないので早くも草が生えだしました。
RIMG0671

涼しくなり雑草も成長も緩やかになりましたが、このままほおっておくとあっという間です。
ブロッコリーがそれほど大きくないので、管理機での中耕をもう一度試してみることにしました。
RIMG0672
何とか株を傷つけないで作業が出来そうです。
1時間もかからずに作業終了。
RIMG0673
少し株に管理機があたりましたが、概ね大丈夫でした。
この後補植をしてブロッコリーの作業は終了です。
雨が降る前に終えることができてラッキーです。

このあと圃場周辺の草刈り。
ほぼ終わりかけたところで雨足が強くなりました。
前回の雨からしばらく間が空いており、今日の雨は良い雨になります。
先日施した肥料もこれで効いていきます。
時刻も正午前ということで、朝の作業は終了としました。

午後はほぼブルーベリーの品種選定。
主にネットで検索して候補を絞っていきます。
最後は苗屋さんにもTELで相談して、品種を決定しました。
6月上旬から9月上旬まで出荷が途切れないように8品種を発注。
ブルーベリーって「小さい」「酸っぱい」イメージですが、「甘い」「大きい」品種を選定しています。
12月初旬に苗が到着しますよ!

↑このページのトップヘ