京丹波 松穂農園日記

京丹波 松穂農園での栽培記録を中心としたブログです。それぞれの作物をどのように栽培しているかを発信しています。

カテゴリ: 栽培 2016

今日は黒豆の選別作業を行いました。
京都府の基準で9.7mm以上が2Lサイズです。
9mm以上がL。

枝豆はかなり大きな莢を出荷できたのですが、黒豆まで仕上げた株はどうも豆が小さい感じ。
枝豆の収穫では大きさではなくて、莢がきれいなものを収穫するようにしていました。
なので残した株だからと言って決して小さいはずはないはずなのですが・・・。
心配しながら、というよりは大きなものは少ないのを確かめるという雰囲気での作業です。

前述の規格に合うふるいで選別してみたところ・・・。
意外や意外、6割が2L、2割がL、1割がM、規格外が1割という結果となりました。
これだと十分です。
あー、よかったー。
この週末から出荷しますよ!

そのあとの作業ですが農作業ではなく道具のメンテナンス。
道具と言っても農具ではなくカメラです。
ブログ用の写真撮影ではデジカメを使っていましたが、レンズに傷がついてしまっていました。
20161215_153348
レンズというか保護ガラスです。
まあ埃だらけの農場でケースにも入れないで作業服のポケットに入れて持ち歩くのだから当然です。
保護ガラスの交換をしようと考えてメーカーに問い合わせたらなんと1万4千円(税別)くらいとのこと。
アホらしいので自分で磨いてみることにしました。
実はこういうことやりだすと結構意地になるタイプです。
磨くこと約3時間。
途中かえって曇ったりしてヒヤヒヤでしたが結果はバッチリ。
20161215_200717
早速一枚撮ってみました。
RIMG1221
うわ、なにこれ。
今日、選別まで終えた黒豆でした。

今日のメインの作業は黒豆の脱粒。
莢の中にある豆を取り出す作業です。
これまでの乾燥工程で莢はパリパリに乾いています。
昔はこれを棒のようなもので叩いて豆を取り出したそうですが、今は機械で行います。
20161211_135548
写真は脱粒した時に出るくずを機械が飛ばすのでそれを軽トラの荷台で受けているところです。
楽ちん楽ちん。

脱粒が出来たら今度は選別。
形がおかしい粒を取り除いたり、大きさを3段階で分けたりしないといけません。
これも機械があります。
が、こちらは”一応やってくれる”くらいの感じです。
この先に本格的な選別作業。
”苦労豆”とか言われて完成まであれこれ手間がかかる黒豆ですが、この選別が最も厄介。
人手でやっていくしかありません。
ちょっとやってみただけでこんな感じで不良豆が出ます。
20161211_200630
この作業を水曜までやって木曜日にもう一度大きさで分ける作業をしていく予定です。

今日は久々でブルーベリーの話題。
圃場が定まらない中で苗を発注し、植えれるだけ植えたのがこの春です。
約150株を植えました。
まあ圃場が定まっていない中で苗を発注しており、きちんとは植わっていません。
畝が埋まっていなかったり、一畝は丸々植わっていないという状況。
そのツケは必ず回ってきます。

ということで、本日こんな感じで回っていらっしゃいました。
20161210_074001

早速開梱。
20161210_082655
約50株。
品種でいうと3品種。
見ての通りでまだ歯が青い品種もあれば ほぼ落葉している品種もあります。
この先春までに落葉している(=根の動きが止まっている)ものから順に植えていきます。

一昨日、昨日と夕方以降に少し雨に降られてしまいました。
黒豆を畑で乾燥しており嫌な感じです。
この週末に脱粒する予定なので少しでも濡らさないようにしないといけません。
幸いこのところ日中は良い天気です。
今日も霧が晴れた後はずっと快晴でした。
15時頃まではそこら辺の片付けや資材の洗浄。
それから あちこちの業者さんとTELで打ち合わせ。

そしてそのあと黒豆を畑から倉庫の軒下に移動しました。
20161208_155017
今年は軽トラ2台分。

黒豆の畑には何もなくなりました。
20161208_165206

今日ものんびりと過ごせた一日でした。
今朝は収穫がないので朝一番から昨日の続き。
黒豆の残渣の焼却から行いました。
残渣は1か月ほど積んでありました。
これまで何度か焼いていますが、後から積んだ表面のほうから焼いています。
これは割と乾いているのでまだ燃えやすかったのですが、中のほうは分解が進んで湿った状態で燃えにくい。
なので強い火を起こして焼いていきます。
煙がもくもく。
20161204_084312
やっぱりなかなか燃えてくれません。
でもあと一回くらいまで来ました。

午前中いっぱい焼却をして午後からは黒豆の乾燥です。
もともとは畑から引き揚げて倉庫の軒とかで干そうと思っていましたが予定を変更しました。
今日は午後から雨の予報です。
でも明日からは暫く天気がよさそうです。
畑に置いておくのが一番乾きます。
いったん持ち帰って干すために紐で縛って、そのあと脱穀のためにまた紐をほどいてというのはちょっと時間ももったいない。
ということで今日の雨だけ凌げばいいのでビニールでカバーをすることにしました。
20161204_125751
これは明朝外します。

そのあとタマネギ畑の除草を少しやったところで雨が降り出し、今日の作業は終了としました。

↑このページのトップヘ