今日は朝から直売所に出荷して、苗の水やりをしたあとは地域の用事。
”春の道づくり”ということで、毎年この時期に行われます。
道といっても人や車が通る道ではありません。
水が通る道です。

都会では下水が完備されているのでピンと来ないかもしれません。
田舎では道のわきにU字溝で作られた溝があります。
雨水はここを通って川や下水道に排水されますが、掃除しておかないと大雨の時にあふれてしまします。
それで大雨が来る前のこの時期に溝さらいを行うことになっています。

溝さらいのあとは畑に定植済のカリフラワーの半分に液肥で追肥して午前は終了です。

午後は16時過ぎまで農事組合と区の総会。
そのあとはカリフラワーの追肥の残りをやったところで今日の作業は終了となりました。
毎年のことですが、なんか休みみたいな一日です。

ところでまた困った事態。
予報に出ていた雨が結局は降りませんでした。

予定ではこの雨にあてて明日はマルチ張り。
明後日は一気に定植と考えていましたが、そうもいかなくなりました。

でもこういう状況があたり前に思える昨今です。
降るときは意地でも降るし、降らないとなったら意地でも降らない。

それなりにやっていくしかありません。