暖冬の年は野菜の価格は下がってしまいますが・・・。

と、前回の投稿で書いてしまいました。
相場が安くなると、当然直売所での販売価格も安くなります。
でもそれだけではないのです。

もっと問題なのは売れなくなってしまうんです。
スーパーなんかで安く買えていると、お客様も普段から十分に食べていらっしゃる。
なので直売所で売られていてもあまり魅力を感じない。
ということではないでしょうか。

昨年でいうとレタス(結球)やハクサイなんかがさっぱりでした。

で、今年はどうなっているか。
この冬の当園の作物は販売目標の多い順でいうと次のような感じです。

ブロッコリー
レタス(結球)
ニンジン
カリフラワー
ハクサイ
その他

今日の取引相場を見てみると・・・。
BlogPaint

やってくれますねー。
でもまだニンジンがあります。
この冬はこれまでずーっと平年より高く推移してきてるんですよ。
ニンジンどうや!
BlogPaint
へ、平年割れしてしもた・・・。

しゃーないですねー。
ほんまに。
でもこれって輸入野菜も含めての相場のような気がします。
国産だけだったらきっと違いますよ。


とかなんとか自分を慰めるしかないですねー。

だからといって栽培を放棄するわけにはいきません。
見事に第一位を獲得された結球レタスさんのお世話をしましょう。

今日は朝から雨です。
明日の朝も気温はさほど下がらないので、トンネルを開けて雨にあてることにしました。
DSC_0005-1305x979
明々後日の朝から少し最低気温が下がる予報になっています。
それまでに病害虫の防除と追肥を行う予定です。

でも、やればやるほど安くなるんですよ、きっと。