ようやく黒枝豆が終了しました。
早生系の品種からはじめて2か月間。
これまでは10月のみの出荷でしたが、今年は9月初旬から出荷を始めて終わったのが一昨日です。
その間の大半は6時-21時で作業。
休んだのは9月下旬の1回だけだったので結構くたびれました。

「さあ、休みー!!」

ですよね、普通。

ところがなかなかそうはいかないのです・・・。

一つは有害鳥獣駆除。
11月14日までが有害駆除の期間です。
大半が保護区になっている私の住む地域ではそれまでしかシカやイノシシの捕獲ができません。
昨日は朝の10:30までしっかり寝て、そのあとは罠の点検・補修に費やしました。

もう一つは冬作の管理作業。
9月、10月と最低限のことしかできていません。
罠の点検・補修もまだ残っていますが、今日からメインはこちらの作業。
まずはブロッコリー・カリフラワーから始めました。

前に書きましたが今年のブロッコリー・カリフラワーは猛暑で苗が最悪。
もうダメもとで定植してやってきました。
それがどうなっているかというと・・・。
DSC_0894-1305x979
写真は早生系の品種です。

晩生はこちら。
DSC_0895-1305x979
もしかしたら何とかなるかもしれない感じです。

そしてカリフラワー(ロマネスコ)。
DSC_0899-1305x979
結構いいんじゃあないでしょうか。
花蕾も大きくなり始めています。
DSC_0896-979x1305

10月の初旬くらいまでは気温も高く、水分が足りない状態。
でもそこに来た台風の雨でぐっと大きくなったんです。
そこを狙って追肥だけはしておいたのが功を奏しました。

その後しばらく雨がありましたが、このところまた渇水傾向になっています。
秋の渇水って本来はあまりないのですが、ここ数年は全然普通な感じです。
昨年も11月がひどい渇水。
今年も8日あたりから雨予報が出ていましたが、今は晴れマークに変わっています。

昨年の二の舞を演じるわけには絶対にいきません。
とにかく水を切らさないよう灌水を始めています。
一株ずつやっていくので時間はかかりますが、この作業をやりきるかが今年の冬作ではポイントになるはずです。