昨日は今年の主力となる品目の栽培の状況について超概要を書かせていただきました。
今日はもう一つの取組みである”有害鳥獣捕獲”の状況です。
一昨年に免許を取得して、昨年の11月中旬以降から出来る範囲で取り組んでいます。

前にも書いたと思いますが、京都府では猟期は11月15日~2月15日(シカ、イノシシについては3月15日まで)となっています。
でもそれ以外の期間も捕獲活動は行われています。
シカやイノシシといった獣による農林業の被害が著しく、自治体が猟友会等に駆除を要請して行われている「有害鳥獣捕獲」です。
現在、京丹波町では猟友会に委託されており、その一員である私も活動を行っています。

昨日、7月31日で今年度の第一期が終了しました。
私の活動の成果は以下の通りです。
シカ 20頭
イノシシ 4頭
アライグマ 4頭
アナグマ 1頭

猟期中も、有害捕獲期間中も私の方針は変わっていません。

人里まで入ってきている獣を狙って捕獲する。

なので仕掛けている罠は山の中ではなく、山から出てきたところです。
群れの1頭を捕獲することで「ここを通るのは危ない」と残りの個体に思わせて、地域から遠ざけようというのが狙い。
ですのでこの先 捕獲できる頭数が減れば狙い通りですし、減らなければやり方を考えないといけません。

ところで私自身の感じ方がだいぶ変わってきました。
殺生することに慣れてきたというか、以前のような心が痛むような感覚はだいぶなくなりました。

捕獲した獣はできるだけジビエの食肉加工業者に引き渡しています。
でも業者が休みだったり、小さな個体だったり、対象外の獣だったりすると自分で処分することになります。
もちろん獣がなるべく苦痛を感じないであろうやり方で処分します。
その時に何も感じないわけではないのですが、以前のような感覚でもない。
なんというか「作業」になってしまいました。

良くないことに決まっているのですが、これが正直なところです。

もっと正直に言うと、獣が捕獲できているのを見ると報奨金の金額が頭に浮かぶようになっています。

嫌ですねー。

仕事になってきたのかなー。