今日は暫くぶりで恵みの雨となりました。

このところは以前の予報ほど雨がなく、おかげでスイートコーンやジャガイモの耕耘や畝立ては進みました。
でも、雨がなさすぎるのも困るのです。
スイートコーンでいうと、耕耘や畝立てをしているときは圃場がある程度乾いている必要があります。
ところがマルチを張るのは畝を雨にあてて湿った状態にしてから行いたいのです。

あと生育の初期段階のブロッコリーとカリフラワー。
これらもそろそろ雨にあてたいところです。

そんな中で今日の雨。
予報より早く10時頃に降り出して、昼からはしっかりした雨になりました。
特に15時頃からは結構強く降り、圃場に水分を十分に補給してくれました。

このチャンスにブロッコリーとカリフラワーのトンネルは全開に。
こちらはブロッコリー。
DSC_0691-816x612
そしてカリフラワー。
DSC_0692-816x612

しっかりと雨にあてることが出来ました。

作物の状態ですが、今のところちょっと元気がないです。
中山間地である京丹波町ではこの時期のブロッコリー・カリフラワーは難しい作型です。
最低気温が低いのです。
前にも書きましたが、昨年は全滅。
まあでも昨年の反省も生かしつつ、やれるだけのことはやってダメなら仕方ありません。

17時を過ぎたころに雨はやみ、トンネルも元の状態に戻しました。
DSC_0693-816x612
DSC_0694-816x612

問題は火曜日あたりからの低温です。
京丹波町でも最低気温が氷点下の日が数日続きます。
何とか乗り切って元気に育ってほしいものです。