ようやく雨らしい雨が降りました。
11月がとにかく雨が降らなくて・・・。
どれくらいの降らなさ加減だったかをアメダスでちょっと調べてみました。

隣町の「園部」でのデータになります。
11月の降水量が14ミリ。
今年のなかではもちろん一番少ないです。
さらに過去の11月でこれより少なかった年をさかのぼると・・・。
前年、前年って見ていくと、1986年に13ミリというのが出てきました。
ということで、30数年ぶりということになります。

なので、今朝起きて シトシト降っている雨を見るとさすがにホッとしました。

ところがこの先は雨や雪マークがずらっと並んでいます。
こうなるとちょっと嫌な感じになるのはタマネギです。

一昨年のタマネギのことを覚えていらっしゃるでしょうか。
ベト病が大流行して、佐賀や兵庫県といった大きな産地に深刻な被害が出ました。

このベト病という病気ですが、12月に気温が高くて雨が多いと大発生が懸念されると言われています。
雨が15日以上あると特にやばいらしい。

ということで、もしそうなっても被害が最小限となるように防除を徹底していかないといけません。
DSC_0473-816x612
ということで今日は殺菌剤を散布しています。

無事を祈りましょう。