前回は「サツマイモの寒さ対策」について書いたのですが・・・。

今年は夜温が低く、寒さに弱いサツマイモの対策ということで石油ファンヒーターを設置しました。

DSC_0405-816x612

ちゃんと写真までつけて、実は書きながら心の中では「どや!」という感じだったのですが・・・。

間抜けな松穂農園は翌朝になってようやく気づきます。
石油ファンヒーターって3時間運転すると安全装置が働いて止まるのでした・・・。

言い訳しません。
アホなんです。
でも、これは治らないので仕方ありません。

それで、結果はどうだったかというと、実は大丈夫だったんです。
どうもイモが熱を出しているのではないでしょうか?
暖められて、暖房が切れた後に熱を放出しているのかなー。
よくわかりませんが、翌朝の庫内の温度は13℃で見事に適温。

あれからしばらくたちますが、今のところ翌朝の庫内温度が13℃を下回っていたことはありません。
暫くこのままで大丈夫そうです。