10月ということで、当園の場合は7月と並んで一年で一番忙しい月になっています。
今月は何といっても、丹波の黒枝豆。

なのですが・・・。

前にも書きましたが今年はとにかくこの枝豆が大不作。
まだ多くの農家さんが出荷を始められていない状況です。
莢が太ってこないのです。
今日も知り合いの農家さんが「あと一週間くらいかかりそう。」とか言ってました。

当園ですが、一株に付く実の数も少なく 例年の同時期と比べるとやや小ぶりですが、なんとか出荷が出来ています。
DSC_0394-816x612

新丹波黒は今日で3日目の出荷となりました。
前述のような状態なので、道の駅の直売コーナーの枝豆用の棚はいついってもたいがい空っぽ。
そこに枝豆を出荷に行くと、棚に商品を並べているところにお客様が寄ってきてどんどん買っていかれます。

そんな調子なので値段もいくらでも上げられそうな雰囲気です。
でもなかなかできないんですよねー、気が弱くて。
まあ昨年と比べるとそれなりに上げてはいますが、お客様がびっくりしない程度にしています。

こんな状況は京丹波町だけでなく篠山も同じようです。
例年だと沿道のあちこちに農家さんの枝豆直売所が並びます。
ところが今年はさっぱりやってないらしい。
今日も毎年篠山で買われているという大阪のお客さんが「どこ行っても売ってない・・・。」と京丹波町に流れていらっしゃいました。
でも状況は京丹波町も同じで「どっかで買えないか」とだいぶ探して当園にたどりつかれたようです。

道の駅の直売コーナーでも少しお客様と話が出来るときがありますが、やっぱり直接売るって楽しいです。
たくさん買っていただいたので、近日出荷開始予定のサツマイモをオマケすると、とても喜んで下さいました。
こうなるとサツマイモもやめられませんねー。