およそ一週間ぶりの更新ですが、この間はほぼ雨。
ずーっと降り続いたわけではありませんが、降ったり止んだりで例年の9月以上に長雨となっている京丹波町です。
もちろん何もしないわけにはいかないので、雨の止み間や小雨の時に作業をしてきたわけですが・・・。
渇水とまでいかなくても、普通雨の日は良い感じに気が抜けて「嬉しいーっ」とか思いながら過ごすのですが、こう雨が多いとなかなか気が滅入ります。

その雨も朝のうちにはほぼ止みました。
こうなると はりきって農作業!

でも良かったのですが、明日・明後日と学生さんが手伝いに来てくれます。
なので今日は農作業以外を少し片づけることにしました。

そうなんです。
狩猟もしないといけないのです。
正しくは「有害鳥獣駆除」。

前にも書きましたが、私が住んでいる”曽根”という地域は、ほぼ全域が保護区です。
地域内に入ってきてしまっているシカやイノシシを駆除できるのは11月14日迄。
あくまで「出来る範囲で」の活動になりますが、やれるだけのことはやらないといけません。

若いイノシシを3頭捕獲した話を前に書きました。
しばらくここにはイノシシが近付いた気配がなかったのですが、また出没してる感じです。
捕獲した檻の近くに くくり罠を二つ仕掛けておいたのですが、こんなことになっています。

一つはワイヤーを切られ・・・。
DSC_0361-612x816

もう一つにはイノシシの爪先。
DSC_0362-612x816
自分で引きちぎって逃げたんです。
罠にかかった野生動物が 必死に生きようとした結果です。

人間も生きるためにはやるしかありません。
まずは檻。
餌は米糠を主に使いますが、試し掘りしたサツマイモも檻に投入。
DSC_0363-816x612
そうなんです。
獣はイモやら栗やら秋の農作物が大好き。

それから慣れない作業で手間取りましたが、罠の修理もして檻の近くに設置しなおしました。
DSC_0364-816x612
米糠が置いてある近くにくくり罠を仕掛けています。

有害鳥獣の駆除期間に少しでも捕獲が出来ればよいのですが・・・。