毎日暑い日が続いていますが、少し身体が慣れてきた感じがします。
でもこの高温もそうなのですが、農家としては困っているのは高温だけではありません。
雨がないことです。
私が栽培している圃場では先日の豪雨以来 一滴の雨もありません。
灌水に走り回っているのは前に書いた通りです。

今日もそんな一日。
でも栽培は水やりだけでは成り立ちません。
今でいうと黒豆の枝豆の土寄せがピンチ。
早生の品種は自分でやりましたが、今は灌水作業で手一杯です。
でもここでも地域の人に助けてもらっています。

実は16歳の少年。
今年から農業関係の高校に通っています。
7月から週末に手伝いに来てくれているのですが、夏休みに突入。
昨日・今日と土寄せの作業で頑張ってもらっています。
DSC_0270-816x612
もう大活躍です!

向こうにタンクを積んだ軽トラが停まっています。
彼が土寄せを行っている間に私は灌水作業や草刈りが出来ているというわけです。

ところで写真の通りの土埃。
途中でエンジンがかからなくなり、機械屋さんに来てもらったところ土がスターターのところに詰まっていたようです。
こんなん初めて。
京丹波町はそれくらい乾ききっている状況です。

これも前に書きましたが、ブルーベリー園に灌水している農業用水をタンクに汲んで使っています。
まさに命の水。

でもこの川もだいぶ水量が減っています・・・。
DSC_0272-816x612

井堰からの水路には先日の雨で土砂が所々で堆積しています。
この先、川の水量が減っても少しでも水が来るように、今日はそれをさらって作業終了としました。