今日は少し暑さはマシだったような感じがします。

最高気温が34℃ということで、すこーし低めでした。
あと、京丹波町は乾燥注意報が出ていて、そういうのもあるのかもしれません。

そんななか、収穫以外の作業では一昨日あたりからはスイートコーンのリカバリーが中心になっています。
先日の豪雨の前に肥料を施しているのですが、圃場はすっかり水に浸かってしまいました。
肥料は流れ、根も少し傷んだのではないかと思います。

最近では、サイズが小さくなものばかりになってしまっています。

それでもう肥料をやり直しているのですが、雨がなく、粒状や粉状といった固形の肥料では効きません。
そんな状況なので回復の可能性が高いところから液肥の散布を行っています。
これの良いところは効きが早いこと。
良くないところは作業に時間がかかることです。
固形の肥料を撒くのに比べて何倍も時間がかかります。

さらにイエローについては少し草に負け気味な状況で、まずは除草をしてからになります。
これがまた時間がかかる。

スイートコーンでこういう状態は初めてです。
手遅れなところもあるかも知れませんが、やってみないことにはどうなるかわかりません。
「結局無駄だった」という結果もあり得ますが、これも経験になるということで、とにかくやってみているという状況です。

今来ていただいているお手伝いの方のご協力もいただきながらの作業。
でも、なんせこの暑さです。
いつもより早く来てもらって、なるべく涼しい時間帯に作業してもらうようにはしているのですが、9時には30度超えますもんねー。
無理を言うわけにはいかず、少しずつの作業となっています。