暑い日が続いています。
京丹波町も今日は37℃。

でも暑さなんかではへこたれていられません。
一番夏い時間を狙うかのように一番ハードな作業・・・。

そんな訳ありません。
農家って夏は昔から一番暑い時間帯は外で作業しないようです。
朝早く起きて、昼は昼寝をして長めの休憩。
暑さが和らいだところでまた作業。

私の場合でいうと、朝は4:30頃からスイートコーンの収穫。
そのあとブルーベリーや、トマトの収穫。
そのあと昼までは何やかんやと作業して昼休憩。

昼は少し長めにとって、やっぱり昼寝付き。

午後は選果など、屋内での作業。
16:00頃に直売所に最後の出荷をしたあと、また圃場で作業というのが一番多いパターンです。

なので、以前も書きましたが、農業ってこれだけ高齢化が進んでいるのに熱中症で亡くなるが少ないんです。
そういう意味では恵まれています。