今日はスイートコーン圃場の雑草防除の処理をした後は、ほぼブロッコリー。

ブロッコリーは全部で8回の予定で、ここまで5回までが定植を終えています。
残りもこれまでと同じように植えていく予定でしたが、定植済の苗の状態やこの先の予報を見るとまず不可能です。
6回目と7回目の苗は不織布やトンネルで防寒の資材を設置しているところに補植して栽培することにしました。
8回目の苗はなんとかこれまで通り定植できたらといった状況です。
そうできるかは気温次第です。

今日は3回目と4回目の定植分の補植をご近所の方に手伝っていただいて行いました。
3回目は先日も補植しましたが、回復する可能性があると思って残したものが かなりダメになっています。
午前中は気温が低い中の作業となりましたが、初めて1時間ほどで雨が降り出してしまいました。
このあたりで風邪が大流行中なのは前に書きましたが、今日手伝っていただいた方も「私もかかった」の一人です。
ぶり返すと良くないので、今日のところは引き上げていただきました。
私もいったん帰宅して、天候が回復するまで雑務。
14時頃から一人で作業を再開しました。

4回目が最も焼けがひどい。
DSC_0012-1305x979
パッと見植わってるかわからないくらいです。
DSC_0013-1305x979
それらを一つずつ植えなおしていって・・・。
00010001-1305x979

植え終わったのは17時過ぎ。
トンネルを閉めて、明朝の低温に備えます。
予報では2℃です。
今日も話していたのですが、こういう春は滅多にありません。
霜って4℃以下になると可能性があるそうですが、真冬と違って4℃付近で来るのがこの時期の遅霜です。
それも”たまに”のこと。
ところがここ数日は1℃付近が連続しています。

こんな状況なので今日補植した苗もちゃんと生育するかはまだはっきりしません。
更に保険をかけます。
鉢上げ。
今日は128穴のプラグトレーの苗を植えています。
残った苗をポットに鉢上げして、補植用の苗を作ります。
プラグトレーの苗はこんな感じ。
DSC_0016-1305x979
(あ、ピンボケ。)
根がしっかり巻いて植付には良い状態です。
でもこのままにしておくと根がこれ以上張ることが出来なくなり、苗も大きくなりません。
白い根も茶色くなって植えても上手く育たない、老化苗といわれる状態になります。
それでポットに植え替えるのです。
いつもは鉢上げをして補植用の苗を作るのは、植えた分のせいぜい1割程度です。
でも今日は4割程度を鉢上げ。
DSC_0017-1305x979
しかも今夜の低温で傷まないようにストーブ付き。

VIPな苗なのです。