ほんとにまだ3月?
京丹波町も、挨拶がそんな感じになってます。
24℃とか25℃とか。
もうこんなもん被って作業してます。
20180329_141556

例年ならこの時期は、圃場の水分が多くてなかなかトラクターとか入れません。
ところが今年はもうほとんど耕耘可能な状態。
何年か前に雨の少ない春があって 圃場作りがやりやすかったのですが、今年はそれどころではありません。
この先1週間も雨マークなし。
こうなるともう気持ち悪いです
降り出したと思ったら長雨になるか、逆にこのままとんでもなく雨不足か。
とにかくそういう極端な気候になると考えて夏作の準備を進めます。

で、今日から植付を行う順に耕耘作業を始めています。
20180329_131714
ブロッコリーの次はジャガイモになるのでまずはその圃場から。
ここは一部水分が溜まるのですが、今日は問題なく耕耘できました。

こんな作業と並行してとても嫌な作業を始めました。
嫌な作業なのでついつい後回しにして今になってしまい・・・。
果樹苗の廃棄です。

3年前に果樹農家を目指してこの地で就農。
いくつかの果樹は圃場に植え付けることができました。
でも思ったようには果樹を栽培する農地が見つかっていません。
現在のポットではこれ以上持たせられないというか、植えられても上手く育てるのは難しい。
大きなポットに植え替えるにしても置く場所がない。
結局は用意した苗の半分以上を廃棄するしかない状況になってしまいました。
20180328_110349
倒してあるのが廃棄する苗です。
イチジクとブドウ。
これ以外にもあり、全部で80株ほどあります。
モモとサクランボは大きなポットに植え替えて、京丹波町の気候で栽培が出来そうか見ていこうと思います。

でも諦めませんよ!
特にブドウは絶対にやらないといけない。
当園の経営というよりは、私が住むこの地域に必要な作物です。
時間はかかるかもしれませんが、いずれ絶対にブドウ園を作ります!

あとやったのは定植を進めているブロッコリーの防寒対策。
この暑いのに防寒って変なのですが、夜間の冷え込みの対策です。
ブロッコリーって低温に遭遇すると花蕾を作ろうとするんです。
しっかり身体ができてからだともちろん問題ないのですが、小さなうちからそういうふうに傾いてしまう。
そうなると異常な花蕾となって、商品にはなりません。
ポトニングといわれる障害です。
そうならないように寒さから守らないといけない。

今も霜注意報が出ています。
今日のところは不織布をべた掛けにして凌ぐことにしました。
20180329_182635