京丹波 松穂農園日記

京丹波 松穂農園での栽培記録を中心としたブログです。それぞれの作物をどのように栽培しているかを発信しています。

2018年02月

今日は暖かかったですねー。
京丹波町の最高気温は10℃。
午後からは北寄りの風が少し強かったですが、今日くらい気温があるとあまり気になりません。
明日は13℃まで気温が上がるようです。

毎週木曜日に1か月予報が発表されます。
昨日発表された予報では、気温はこんな感じになるらしい。

         低 並 高
1週目      20:50:30
2週目      20:30:50
3~4週目   30:30:40

こんなの このに冬見たことがありません。
11月から寒いばっかしでしたもんねー。
なんか一気に春が来るようです。

ところが良い話ばかりではありません。
今日、夏の見通しが発表されました。

「6月から8月にかけて、夏の高気圧に覆われやすく、全国的に、平年より気温が高くなる」のだそうです。
最近では珍しくなくなった猛暑日が例年より多いだけでなく、空梅雨の可能性もあるらしい。

もう異常気象が正常ですからねー。
あと3月は雨が多いらしい。
予報通りになるということで、準備を進めます。

で、昨日・今日の作業。
苗とホウレンソウのトンネルの管理以外では、ひとつはブロッコリー(後半)圃場の残渣の鋤き込み。
20180222_150902
トンネルをしていたぶん 雑草が多めですが、徐々に仕上げていきます。

それから、また溝さらい。
ここは昨年から使わせてもらっている圃場ですが、一部水が溜まるところがあります。
20180223_114213
ここを乾かさないと、トラクターがにえこんだりして耕耘ができなくなってしまう。
なので昨年は一部しか使用していません。

改善できるかどうかわかりませんが、排水の溝がをさらっていきます。
とにかくできるだけ深い溝を作って水を逃がす以外ない。
20180223_114113

4月から私が住んでいる曽根地域の罠による有害鳥獣駆除作業に従事することは先日書きました。
29年度の猟期での経験により4月からは罠に限って有害鳥獣の駆除作業が行えます。

というのは私の話で、猟期明けの2月16日からは有害鳥獣駆除は始まっており、曽根の罠も稼働を始めています。
自分が4月から管理をすることになっている町罠が気になるのでよく見に行きます。
(町罠というのは町が設置した罠で、管理を猟友会が委託されています。)
そしたら今朝、箱わなにシカが入っているのを見つけました。
遠目に何かが入って暴れているのを確認しました。
近くに行くと若いメスジカで私のことをじっと見つめます。
更に近づこうとするとまた暴れだしました。
鉄でできた罠の中に入っていますが、逃げようとして首の骨が折れるのではないかという勢いです鉄格子に体当たりし続けます。

3月までは資格のある猟友会の会員がこの罠を管理していますが、その人に連絡。
相談した結果、埋設ではなく食肉加工施設に搬入することにしました。

私も段取りを確認しておこうと同席することにし、11:00に猟友会の担当者や加工施設の職員さんが集合しました。
20180221_105901
食肉に加工するので止め刺しをして速やかに放血。
死んだらすぐに施設に搬入して解体を行うことで肉の品質を確保します。

止め刺しの前に電気ヤリで失神させようとしますが、暴れて上手く刺さりません。
結局は棒で頭を殴って失神させ、止め刺しは心臓をナイフで刺して放血。
止め刺しをしてから1分ほどで、声にならない鳴き声を上げて事絶えました。
そのあとは証拠写真を撮って、解体施設に搬入。

4月以降はこういう作業を私もやることになります。

何時にシカが入ったかは定かではありませんが、最初に確認したのが7時30分頃。
少なくとも4時間近く余計に恐怖や苦痛を与えてしまったことになります。
実際に11時に見た時には暴れて口や鼻から相当の出血をしていました。
また町罠のサイズが大きく、暴れて 失神させるまで少し手間取っています。
やはりその分は余計な恐怖や苦痛。
シカが暴れられないよう、パイプなどを使って動けるスペースを制限するような工夫をして作業にあたろうと思います。


他の作業はブロッコリー、ホウレンソウの播種。
苗の管理やトンネルの管理といったところで変わり映えはありません。

昨日は午後から雨予報だったのですが、けられてしまっています。
この雨を狙ってホウレンソウの播種を考えていましたが、予定を変更。
暫く雨はなさそうなので、直播ではなく育苗することにしました。
苗を作る種蒔きは夜にやるとして、まず気温の低い午前中は溝さらい。
先日やった圃場の隣の溝をさらいました。
20180220_121503
先日のもそうですが、80m程あるので良い運動になります。
やりだすとすぐに温まってきて、結構汗もかきました。

午後は残渣の粉砕まで終わっていたブロッコリーを栽培した圃場に残渣を鋤き込みました。
20180220_152321
雨がなくなってホウレンソウのほうはちょっと残念だったのですが、その分圃場は乾いてきています。
例年ですと この時期にトラクターで耕耘ってあまりできません。
良かったり悪かったりです。

実は昨日ブログを書いた後で横岩社長に写真を送って話をしていると・・・。
ミ、ミス発見。

水道管を接続するときに白いテープを巻いてからネジを締めるってご存知でしょうか?
こんなテープです。
20180217_194309
薄いテープで、雄ネジのほうに7回ほど巻いて指でなじませてから締めていきます。
こうすることで水密性が高まって、水漏れを防ぐことができます。
ここ迄は知ってたんですけどねー。

でもなんか聞くと、パッキンがあるところには使わない方がいいらしいんです。
テープを巻くことで奥のほうまでネジの先が届かず、パッキンの機能が働かない。
その結果、水漏れの原因になるらしいのです。

やり直す前はこんな感じ。
BlogPaint
矢印のところに白いテープが巻いてあるでしょ?
一回外して、雄ネジと雌ネジに残ったシールを完全に取り除いて、もう一回接続。
20180217_193738
今度こそ大丈夫!

昨日の記事の写真も貼り直しておきました。
よくご存じの方が見たら「こいつあかんなー」ってことになるので(恥)。

で、農業のお話。
今日はずっと時雨れてました。
雨ではなくてみぞれっぽい雪です。
風も強い。
ということでとても作業がしにくい一日でした。

ほとんどタマネギ畑で作業。
朝の厳しい冷え込みで滑沢不良な苗は外に飛び出しています。
これを一つずつ直していきます。
作業しながら雪が強まったら軽トラに退避。
止んだらまた作業。
終わったらまたビニールを被せて。
20180217_170727

ホウレンソウのトンネルも強風で全部剥がされています。
夕方に元に戻して、明朝の冷え込みに備えます。
20180217_173436

明日は今年最後の銃猟で、農作業は休みの予定です。

少~し寒さが緩みだした感じでしょうか。
今日も最高気温は2桁。
10℃まで気温は上がったようです。
作業していてもすぐに暖かくなります。
ホウレンソウのトンネルも日中は開けておいた方が安心なくらい。
20180216_125650

予報ではこの1週間は、極端な冷え込みはなさそう。
でも長期予報ではこの先も例年よりは低めで推移しそうです。
そんな状況なので、タマネギにもトンネルをすることにしました。
20180214_173937
それから先程 ブロッコリーの4回目の播種を行いました。
そんな感じで相変わらずな松穂農園です。

が、何も進化しないわけではありません。
で、またDIY。
この冬はDIYであれこれ作業環境なんかを改善しているわけですが、こういうのって田舎では普通です。
業者さんに頼んだとか言うと、「そんなもん自分でせなあかんぞ!」みたいな言葉が返ってきます。

今回矛先が向いたのは、この洗面台。
20180214_185734
んー、年季入ってますねー。
多分この家が建てられた時に設置されたものではないでしょうか。
なので35歳くらいです。
とにかく新規就農で、農業機材や資材にお金がいっぱいかかります。
住居にはあまりお金はかけられません。
快適とかはほっといて、とにかく使えるものは使っていくということで、水回りもあったなりに使ってきました。

でもこの洗面台はもう限界。
蛇口が2つついていますが、1つは使うと水漏れして床が水浸しになるので、元栓を閉めている状態。
キャビネットの床も抜けています。

うちに手伝いに来てくれる人にも使ってもらうものなので、もう交換することにしました。
ただ、そうは言っても水道関係は蛇口の交換くらいしかやったことがありません。
こんな時に頼りになるのは彼。
はい、うちに業務用の冷蔵庫を手配したり、配線工事をやってくれたあの人。
いやー、高校の部活の仲間っていいもんですねー。
ヨコイワ電化ストアの社長、横岩君。
TELで水道関係の設備工事の注意点やらを教えてもらって作業開始です。

古い洗面台を撤去。
20180215_165720

止水栓も新しいものに交換。
この止水栓を洗面台のキャビネットの中に出さないといけません。
位置決めをしたらホールソーで穴開け(本格的やなー)。
20180215_174257

バッチリです!
20180215_174946

そのあと蛇口やら水道ホースやら、排水管やらを設置。
20180217_193738

いいんじゃないでしょうか。
振動ドリルで奥のタイルに穴を開けて固定しています。

ここまで出来たら、大元の止水栓を開けてメーターが回っていないか確認。
これでメーターが動いていたらどっかで水漏れがしているということで、必ずチェックするよう教えてもらいました。

で、ミラーを取り付けたら完成です。
20180216_144901
気持ちいい~♪

と、まあこう書くと、すんなりいったみたいですけど、結構 悪戦苦闘。
止水栓の種類やら、使う道具やら、使い方やら聞きまくりで何とか終わった感じです。

これまでは出来ることをやってた感じですが、今回のは初挑戦。
ということで松穂農園はまた進化してしまいました。

↑このページのトップヘ