京丹波 松穂農園日記

京丹波 松穂農園での栽培記録を中心としたブログです。それぞれの作物をどのように栽培しているかを発信しています。

雨マークばっかり並んでいた割にけっこう隙があり、作業が進みました。

昨日、カリフラワーを栽培する圃場の畝たて終了。
DSC_0836-816x612
このあとロマネスコの1回目播種分を定植しました。

あっ、そう。
畝たてと言えば彼の登場。
20170505_170433
そう、ポチです。

の、はずだったんですが・・・。

でも残念なことに、この夏でポチは役目を終えられました。
エンジンがダメになってしまったのです。

実は長いことブログを更新できなかったのは、超ぐちゃぐちゃな状況になってしまったからなのですが、その一つは設備・施設の故障。

ぱっと思い浮かぶだけで・・・。
・ポンプが始動しない
・動力噴霧器のホースが巻き取れない
・ブルーベリー潅水設備のポンプが動かない
・自走式草刈り機が動かない
・管理機(ポチ)が煙を吐いて、エンジンがかからなくなる
・農業用水路に水が来ない
・軽トラのパワステが機能しない
・軽トラのエアコンが効かない

軽トラの不調は別にして、あとはすぐになんとかしないと作業ができなくなる不調ばっかりです。
その一つがポチの不調。
修理ではなく買い替えるのを選択しました。
(ほんとによく役に立ってくれたくれた機械なのでちょっと残念ですが・・・。)

で、ポチの後継はこれ。
DSC_0835-816x612
なんかデザインが垢抜けてしまいました。

使ってみるとさすが新品。
動きはとてもスムーズです。
とにかくあのポチの後継です。
これから頑張ってもらいましょう!

それで今日ですが、雨ばかりの一日となってしまいました。
DSC_0839-816x612
ちょっとわかりにくいですかねー。
いわゆる”バケツをひっくり返したような雨”です。
こういう雨が午前と午後に1回ずつ。

多少は止み間もありましたが、ほぼ終日雨の一日でした。
なので今日はブルーベリーの収穫、出荷準備、出荷が中心。

明日からの週末はそこそこの天気になりそうです。
でも火曜からはまた雨マークが並んでいます。
ということで、また隙を見て作業を進めることになります。

前回書いた通り、この週末は黒枝豆の病害虫防除とブロッコリー・カリフラワーの圃場準備を中心に行いました。

病害虫防除は気温の高い時間帯を避けて早朝と日没前の2回に分けて作業します。
今年は約7反の作付けですが、6反ほどが終わり残すところあと1反ほどです。
これは明朝で終わらせます。

それからブロッコリーとカリフラワーの圃場準備。
今年は2か所で栽培します。
スイートコーンの黄と白を栽培した2つの圃場です。
1か所は先日職業訓練校時代のクラスメートに手伝ってもらって土壌改良資材の散布ができています。
そこをトラクターで漉き込んで・・・。
DSC_0833-816x612

もう一か所は土壌改良資材を撒くところからやって、そのあとトラクターで耕耘。
DSC_0832-816x612

どちらもだいぶ残渣が見えなくなってきましたが、出来たらもう一度耕耘したいところです。

この先は晴れマークが暫くなくなりました。
その代わり雨マークがいっぱいで圃場準備がやりにくい雰囲気。
予報を参考にして隙を見て作業を進めていきます。

台風から一夜明けました。

多少影響はあったものの、幸い 被害というほどのことはありません。
昨日は玉ねぎの出荷があったものの、それ以外は”休み!”ということにしてしまいました。
福知山に買い出しに行った以外は寝まくりの一日。
朝寝、昼寝、夕寝みたいな感じで、とにかく疲労回復に努めて、夜だけブロッコリーとカリフラワーの播種をして一日を終えました。

そして今日は台風が来る前に立てたニンジンの畝にビニールを被せないといけません。
うまい具合に早朝は風があまりなく、作業がしやすそうです。
予報では風が残ることになっていたので、これはラッキー。
シートを使う作業って、風があるのとないのとでは大違いです。
一本目は順調にシートをかぶせることができました。

ところが2本目を始めたころから風が吹き出してしまい・・・。
それも風向きが頻繁に変わるのでやりにくくって仕方ありません。
まあ仏滅ですからねー。
何事もすんなりはいかないのです。
結局、午前中いっぱいかかって何とか被せ終わったのがこれです。
DSC_0831-816x612
写真は15時頃に撮影したものです。
シートを被せていないところは少し土の表面が乾いてきてるでしょ?
こうなる前に被せることができたので良かった~。
太陽熱消毒は土が湿っているほうが効果大なのです。

午後はほぼ草刈りでした。

そして来週の月と火が雨予報がでています。
この週末は黒枝豆の害虫防除と、ブロッコリー・カリフラワーの圃場準備が中心になります。

↑このページのトップヘ