京丹波 松穂農園日記

京丹波 松穂農園での栽培記録を中心としたブログです。それぞれの作物をどのように栽培しているかを発信しています。

今日の午前中はブロッコリーの残りの資材を全部回収。
午後からは残渣をトラクターで破砕、の予定だったのですが・・・。
その前に石を拾うことにしました。

これまでに何度か書きましたが、ブロッコリーの後半を栽培した圃場はとても石が多いのです。
使わせてもらうようになった当初は大きな石がたくさん出てきて、耕耘するたびに拾ってました。
だいぶ減ったかなーと思っていたのですが、また石が浮いてきていて。
さすがに大きな石はもうあんまりないのですが、まだたくさん出てきます。
20180203_131539
これは地道にやっていくしかないです。

写真は晴れの時に撮りましたが、今日は時雨がちな一日でした。
今日はトラクターは止めとくかーとも思いましたが、晴れ間を狙って作業をすることに。
ところがここでトラブル。
普段使用することが多い耕耘用のロータリーから、破砕用のモアに付け替えようとしたのですが・・・。
外れたロータリーが傾いてしまって付け直すことができない状態に。
自動車のジャッキで持ち上げたりしてみましたがダメで、結局お隣にSOSして何とかロータリーをもう一度付け直すところまでで今日はいったん作業は終了としました。
振り出しに戻った状態。
明日またやり直します。

大安吉日のはずなのに・・・。

そうです、今日は大安吉日。
大安といえば播種の開始です。
ということで夜は5月の収穫を目指してブロッコリーの播種を開始しました。

せっかく作業場をリニューアルしましたからねー。
ストーブとか置いちゃいました。
20180203_184941
せこいので半分しかつけませんが、それでも十分です。

いつもやる播種作業。
どんな感じでやっているかというと。
まず種蒔き用の土をシートにひろげます。
20180203_184928
このままだと水分が足りないので水をかけて鍬で混ぜます。
20180203_190458
種を蒔いた後、水をしっかりかけるので、「ちょっと湿ったかなー」くらいです。
次に、この土をトレイにつめたあと植穴を作ります。
それにはこんな道具を使ってます。
20180203_190853
これを左右に転がすと、同じ深さの植穴が簡単に作れるのです。
20180203_190930

で、この穴に種を落としたあと土をかけると播種は終了。

とにかく秋・冬のブロッコリーは惨敗でした。
発表された3か月予報では、気温は例年より低めに推移するらしい。
この時期のブロッコリーは初めてだったり、不安材料はありますがとにかくやってみます。

先日の雪以来、このところは冬仕事が中心の毎日になっています。
薪(の代用品)は作ったので、柴(の代用品)を作ったり。
20180131_124738

これを使って残渣を焼いたり。
このところやっているような倉庫の整理をしたり。

京波町みたいな中山間地の農家はこんなことをしながら冬を過ごします。
昔だと狩猟なんかもこれに加わると思うのですが、現在大半を占めている兼業農家の人はあまりやらないみたい。
私は猟友会に入ったので、それに関係する作業もあります。
私が住む曽根という地域に町が檻を2つ追加したそうなので、確認に行きました。
これ
20180202_113809
と、これ。
20180202_114317
わなの付近で足跡も確認。
20180202_113745

今は猟期で、曽根みたいな保護区では猟をしてはいけないので、わなの両側の入口が開けてあります。
猟期(~2/15)が終わると、保護区でも有害駆除は行われるようになります。
猟ではなく、あくまで行政から委託される駆除作業です。
わなの設置は町がやりますが、管理は猟友会に委託されています。
4月以降はわなに関しては私も有害駆除ができるようになるので、これらのわなの管理をすることになります。

そんなこんなで、こんなことの合間を縫って畑に出ている感じ。
ホウレンソウの補植をしたり、トンネルの資材の回収をしたり。
20180202_173633

冬仕事+雑務 : 畑仕事 = 2 : 1
くらいの感じです。

週明けには厳しい寒波がやってきそうです。
この寒波を区切りにして作業の比率を逆転させていく感じになると思います。

今日の午前中は薪作り。
薪っていうと短く切った丸太を斧で割って作ったりしますが、今日のはちょっと違います。
例えばこのはしご。
20180130_111411

先日 倉庫の壁に化粧板をはりましたが、元はこんな状態。
20180121_164450
右手のはしご。
屋根裏に行くためのものです。
でも屋根裏は使ってないし、このはしごが場所を取っていたので撤去しました。
そんな廃材があれこれいっぱいあって、それを短く切って薪として使うことにしました。

農業っていろんな残渣を焼却します。
病気の発生を抑えるためには燃やすのが一番良いのです。
そのために薪ってとても大切。

で、久々にチェーンソーの出番です。
20180130_113327
めったに出番はないのですが、こういう時はとても活躍します。

作った薪はこんだけ。
20180130_125729
材料ははいっぱいありましたが、切ってまとめてみるとコンパクトになりました。
それでもこれだけあると結構燃やすことができます。

午後はブロッコリーのトンネルの撤去。
栽培が上手くいった後の撤去作業ってそんなに苦にはなりませんが、今日はその逆。
楽しい要素一切なし。
苦痛なだけ。
「何とかなるかも」と思えた時期もあっただけに残念です。
でも、ダメで元々でやったんですから。
もう諦めましょう。

今日はパッカーと支柱の撤去まで出来ました。
20180130_165452
ビニールは明日回収予定です。

でもこの苦痛な作業。
ブロッコリーは序の口なんです。
またそのうち書きます。

↑このページのトップヘ