京丹波 松穂農園日記

京丹波 松穂農園での栽培記録を中心としたブログです。それぞれの作物をどのように栽培しているかを発信しています。

今日は朝から体調がイマイチ。
(うまいこと?)雨模様なので、午前は横になっていました。

午後からは農業者として認定してもらう手続きの相談で町役場へ。
あれこれ話しているうちに京丹波町の新規就農について話を聞きました。
私がサラリーマンをやめて農業生産法人に就職するころは、書店に行くと農業関係の本がズラッ。
「農業いいですよ。農業しましょう。」という類の本がたくさん並んでいました。
わずか5年ほど前のことです。
その頃と比べると就農したいと京丹波町役場を訪れる人は1/10程度とのことでした。
そのうち今年の就農は私を含めて3人だそうです。
先日 京都市内の大きな書店に行くと就農をすすめるような本は見当たりませんでした。
農業生産法人で実際の農業の現状を知り、わかったのは農業は産業としては崩壊している。
(少なくとも今の時点では)自営就農するなんてとんでもないということです。
就農希望者の減少というのはある意味では正しい状況になってきていると言えます。
そうはいってもこのままでいいわけがありません。
私にできるのは成功事例になること。
自分自身が農業者として自立した経営を確立することを目指します。

予報通り、キッツイのがやってきました。
カチコチです。
RIMG0029
これからはこんな日が多くなっていきます。
(それにしても今年は早いなー。)

今日の作業ですが、果樹園造成であちこちに散乱している細々した枝の収集です。
一輪車で拾い集めました。
RIMG0031
これを放置しておくと この後の整地や耕耘の邪魔になるだけではなく、病気のもとが土の中に入る可能性があります。
拾って焼却するのが一番です。
繰り返し拾い集めて目に見えるものはかなりなくなりました。
今日は風が強かったので焼却は明日以降に行います。

昼前に候補となっている家を見に行きました。
その結果を踏まえて、売主さんとの調整をお願いしました。
何とか上手くまとまることを祈ります。
何とか・・・。

あと、今日は果樹苗について連絡がありました。
発注していた苗の掘り上げができたそうです。
調整した結果9日に搬入してもらう予定です。
それに向けて苗床を作っていきます。
色々なことが具体的になってきており、徐々に緊張感が高まってきました。

しばらく寒さも緩んでいましたが、今日は冬の到来を感じさせる一日でした。
日中も気温が上がらず、真冬のよう。
さらに明日は予報ではマイナス4℃
京丹波町に来て5回目の冬ですが12月の初旬でこの気温は記憶にありません。
ちぢみほうれん草もいよいよ甘味を増してきます。

今日の作業ですが、ホウレンソウは肥料を利かせるためもあり 昨日まで雨をあてましたが、トンネルをもう一度かけました。

午後はパートの面接。
何とか採用してもらえればよいのですが、結果は1~2週間後だそうです。
そのあとは細々した雑用で一日が終わりました。
ここ数日は一時と比べて少しゆったりと時間を過ごせるようになっています。

家探しをしていますが、希望に合いそうな家が見つかり、明日は中を見せてもらう予定です。
実は京丹波町での家探しは4年以上やっています。
前の農業生産法人で働くことが決まった際に、入社前に賃貸ではなく家を見つけて引っ越そうとして以来です。
結局アパートで暮らしながら家探しをしましたが、見つかりかけては話が流れてでここまできました。
農業生産法人を退職することに決めて、今年の2月から改めて色々な人に声をかけて家探しをしましたが、家の中まで見ることになったのはこれが初めてです。

何とか話がまとまりますように・・・。

↑このページのトップヘ