京丹波 松穂農園日記

京丹波 松穂農園での栽培記録を中心としたブログです。それぞれの作物をどのように栽培しているかを発信しています。

昨日のモヤモヤはリセット。
今日は昨日の作業予定通りに進めました。
自分は義男さんと果樹園の造成。
タマネギの定植はシルバーさんにお願いしました。
AM6:30に点火。
7:30にはそこそこの火がつきました。
点火
農業に来るまでは火の炊き方は知らず、簡単に考えていましたが意外と難しいんです。
ボーっと勢いよくついたと思ったらすぐ消えてしまったり。
まあ灯油とか使えば簡単ですけど、それもなんか・・・。
ようやく慣れてきて、今はそれなりに燃やせるようになりました。
(すんなりではないですけど。)

午前中はひたすら木を燃やすのと、タマネギ畑で定植してもらう苗の掘り取りやシルバーさんへの説明に行ったり来たり。

午後にはシルバーさんも作業に慣れてもらえたのでそちらは任せ、自分は義男さんと造成にあたりました。
そうしているうちに、切った木の根を掘り起こしを西野建設の社長がやってくれました。
さすがに手慣れたものです。

今日までで全体の70%くらいの木が切れました。
作業のピークは続きますが、先は見えてきました。

果樹園の造成で伐採した木の焼却をできるだけ進めるのが今日の予定です。
作業計画は木の伐採は義男さんに任せ、自分はひたすら焼却。
ところが今日の未明の天気予報は、雨に変わってしまいました。
 6時 晴れ
 9時 弱雨
12時 弱雨
またかー。
しかし早朝に強い火を付けられればまだ可能性はあります。
で6時前にアパートの玄関を出ると・・・。
ゲ、もう降ってる。
またかー。
現地に急ぎ焚き付けの紙などを準備すると、しっかりした雨に。
とりあえず点火を試みるもやっぱりダメ。
仕方ありません。
今日はタマネギの定植を中心に作業することにしました。
まずは義男さんに今日の造成作業の中止を連絡。
タマネギの定植にシルバーさんをアサインしていましたが、土が湿り作業効率が良くないので来てもらうのは明日に変更です。
8時にシルバーセンターに日程変更を連絡。
今日のところは自分一人で定植作業を進めることにしました。
やはり土が湿って作業がはかどりません。
(苗を植え付けるのに手に泥が付き、その泥に根がついてきてうまく土の中にしまうことができません。)
一人でぶつぶつ言いながら作業をしていると、なんか手元が明るくなりました。
ゲ、は、晴れた。
とにかく作業を続けるしかないので昼休憩も程々に13時過ぎまで定植して約800株終了。
タマネギ定植中
その後失業認定を受けに園部のハローワークに。
手続きが済んで京丹波町に戻ったのが15時。
ホウレンソウをこれから収穫し、明日から出荷するので計りを買いにコメリへ。
しかし、いつも売っているはずの計りが今日は売り切れ。
また園部のコメリに逆戻りで京丹波町に戻ったのが16時。
まだ大丈夫と畑に向かっていると”ザー”。
なんで?晴れてるのに。
結局収穫はあきらめ、作業はここまでとしました。
きっと明日は晴れますよ。
たぶん。

PS.
ホウレンソウの3回目の播種分がようやく発芽しました。
気温が下がってきており発芽も少し遅れたようですがホッとしました。
ホウレンソウ発芽
2回目播種分はトンネルの効果もあり順調です。
ホウレンソウ成長中

今日はブロッコリの収穫・出荷のあと午前中は果樹園造成のための伐採。
午後はタマネギの定植をして最後にホウレンソウの収穫。
ホウレンソウは初収穫ということで、出荷の前にお世話になっている人に配る分を収穫しました。
あ、それから西野建設の社長から家の候補を教えてもらい、その下見も・・・。
とにかく年内に引っ越しを終わらせないと、後がまた苦しくなるばかりです。
さすがに待ったなしの作業が重なりすぎて意地を張っているとどれか(下手すると全部)が致命的になる状況。
やむを得ずタマネギの定植は応援を求めることにし、明日は10時から2名アサインしました。
果樹園造成も私の作業の後工程(伐採した後の根の掘り起し)が早いと明後日から始まります。
その作業日程を狂わせないようにしなければなりません。
それにしても忙しい。
1日があっという間に過ぎていきます。

↑このページのトップヘ