京丹波 松穂農園日記

京丹波 松穂農園での栽培記録を中心としたブログです。それぞれの作物をどのように栽培しているかを発信しています。

今回の台風21号。
結果から言うと、大きな被害は出ていません。
昨年秋の台風と同じで、ほぼど真ん中でした。
BlogPaint

で、どんな一日だったかというと・・・。

昨日から進路予想も大きくは変わらず、もう絶対来るという感じ。
そんななか、今日は夜明けとともに昨日の続きで黒豆の倒伏対策からはじめています。
朝から風はあったものの、そよ風というか台風が接近しているのを感じさせません。
予報では9時から雨が降り出すことになっていましたが、時折風が強く吹くものの、すぐに止んでしまいます。
「嵐の前の静けさやなー」とか思いながら作業を進めます。
そして11時を過ぎてから いよいよ風雨ともに強くなっってきました。
11時半には予定の作業を完了。
DSC_0347-816x612

でも作業を終えても「これでもう大丈夫」というのではなく、「今回はこれ以上は仕方ない」という感じ。

帰宅した後は自宅周辺で飛びそうなものがないか点検し、ここに引っ越してからはじめて雨戸も閉めました。
DSC_0348-816x612

もう観念した感じだったのですが・・・。

結果は先程書いた通りで、
黒豆のほうも、さすがに煽られてはいますが概ね無事。
DSC_0353-816x612

近隣で栽培されている水稲も、少し倒れていることろもありましたが、こちらも概ね無事。
DSC_0352-816x612

ということで、まだ何とかはなりそうです。
明日、明後日と晴れた後、4日間雨マーク。
冬作にとって大切な二日間となります。

いよいよ明日台風がやってきます。
今の予報では、京丹波町ではほぼ最悪の台風となりそうです。

・上陸したら25年ぶりらしい強い勢力。
・コースは紀伊水道付近を通る。
・京丹波町ど真ん中ではなく東に少しそれる。

それるのが西ではなく、東だったのがせめてもの救いかなー、くらい。

昨日と今日で対策として可能な限りのことはやりました。
黒豆の倒伏防止。
資材も、人手も無限にあるわけではなく、あくまで当園でできうる限りです。
作業は思ったようには進んでいません。
結局のところ目標にしていた60%くらいです。

どこまで出来るか、台風対策の続きはまた明日朝一番から出来る限りやることになります。


夜中は降ったり止んだりだったようです。
そのあとも同じで、ほぼ降ったり止んだりの一日でした。
午前中はブロッコリーの最終の種蒔きをした以外は ほぼ休養で横になって過ごしていました。

そして午後からは雨の止み間に追肥をしたりしたあとは、台風対策。
またえげつない台風が来るようです。

台風が来るっていうと、やはり緊張します。
さらに今年は先日の20号といい、今回の21号といい、嫌なコースでやってきます。
特に21号は”猛烈な”台風に発達しており、ベテランの農家さんも「ちょっと記憶にない」と言われていました。

そうは言ってもできる対策は限られているので、やれるだけのことをやるしかありません。
やっぱり対象は黒豆の枝豆になります。
支柱を打って紐で支えるしかありません。

今年は昨年の倍以上の栽培面積になっており、手持ちの資材は既に使ってしまっています。
で、資材の準備から ということでホームセンターで直管パイプ(80本)と紐(3000m分)を調達。
DSC_0340-816x612

直管パイプを110cmにカットして支柱を400本作りました。
DSC_0342-816x612

明日は圃場に搬入して対策を施していきます。

↑このページのトップヘ