京丹波 松穂農園日記

京丹波 松穂農園での栽培記録を中心としたブログです。それぞれの作物をどのように栽培しているかを発信しています。

いつになったら涼しくなるんでしょうか?
と、みんなぼやいてるんでしょうねー。

今日が32℃で明日が34℃。
その先は33℃、34℃、31℃みたいな予報になっています。
京丹波って涼しいはずなんですが・・・。

そんな中で夕立が2日間ありませんでした。
午前は黒枝豆の病害虫防除やあちこちの雑草の防除に追われましたが、午後はブロッコリーの圃場準備が中心です。
もう苗は出来ており、ちょうどいま植えたい状況。
元肥をまいた後は畝を立てていきます。
DSC_0867-816x612
畝たてを始めたのが15時を過ぎてから。
日没ぎりぎりまでかかりましたが、1回目と2回目の定植分の畝が立ちました。
DSC_0869-816x612
本当は明日の午後に植えて夕方からの雨にあてられればバッチリだったのですが・・・。
台風の進路予想が南寄りになったせいか、雨予報はなくなってしまいました。
まあちょっとこのへんは残念ですが、植え付けの準備ができたということで良しとしましょう。

心配していたニンジンの発芽ですが、バチボチと発芽してきています。DSC_0851-816x612
今朝の時点で6割程度。
最終的にもそこそこは発芽するのではないでしょうか。

長雨が終わって天候は回復してきているのですが、夕立が多く土が湿った状態が続いています。
たとえ叩きつけるような雨であっても、やっぱり土が乾かないのが良かったようです。

でも、それも良し悪しで・・・。
ここ数日の夕立が結構強烈。
今日で3日連続です。
晴れていても夕方になるとグワーッと雲が広がります。
DSC_0866-816x612
そしてしばらくするとドバーッ。

特に昨日はこんな感じでひどい雨となりました。
DSC_0865-816x612

短い時間ですが、これだけ降ると圃場はビショビショです。
こうなってしまうと困るのは冬策の圃場準備。
主に3か所でブロッコリー、カリフラワー、レタスなんかを栽培する予定です。
特にブロッコリーは苗ができつつあって、なるべく早く定植したい状況。

予報では明日、明後日は少し安定しそうな感じになっています。
この2日間は夕立がないことを祈りましょう。

いやー、よく降りましたねー。

今日は圃場周辺の草刈りを進めたかったので、朝一番から刈り始めたのですがしばらくすると雨が降り出して。
一時間もしないうちに土砂降りの雨になりました。
10時頃には大雨警報が発令されるくらいの激しい降り方。

こんな雨になると心配なのは先日播種したニンジンです。

ニンジン栽培のポイントで必ず言われるのが”発芽”。
順調に発芽させることができれば栽培の半分は成功」とか言われるほどです。
そのためにも土が湿った状態を維持しないといけません。
なのでニンジン農家さんは散水チューブを設置したりして、一日に複数回水をやったりするようです。

その点今年は長雨で、ずっと湿りっぱなし。

じゃあいいじゃないか?

いや違うんです。
今日みたいな土をたたくような激しい降り方をされると、覆土した土が流されてしまったりします。
昨日も短時間でしたが強い雨があり、心配なところです。

この長雨もそろそろいったん終わりそうな予報になりました。
DSC_0850-816x612
明日も9時には晴れマークになっていて「雨はひとまず今日までかなー」という感じ。

雨が降って土が湿っている間は圃場準備を進めることができません。
ブロッコリーの最初の苗がもうすぐ植え付けの適期になります。
今の時期としては気温は高めなので、予報通り晴れてくれればうまく乾いてくれると思うのですが・・・。
予報が当たることを願うしかないです。

↑このページのトップヘ