京丹波 松穂農園日記

京丹波 松穂農園での栽培記録を中心としたブログです。それぞれの作物をどのように栽培しているかを発信しています。

京丹波町はこの冬はじめての積雪となりました。
DSC_0529-816x612
といっても大きな雪ではありません。
2cmくらいでしょうか。

でもこういう景色を見ると「冬本番やなー」と思います。

レタスのトンネルにも雪が積もっています。
DSC_0530-816x612
このあとどれくらい降るかわからないので、念のために雪をほうきで落としておきましょう。
DSC_0531-816x612

それから寒さ対策が遅れていた作物があります。
ハクサイです。
少し雪が積もってしまいましたが、その上から不織布をべた掛け。
DSC_0534-816x612
暫くこのままにして、この寒波が過ぎたあと また収穫を進めていきます。

それ以外では今日からニンジンの収穫を始めました。
DSC_0533-816x612

10月頃は平年と比べてニンジンの値段がとても高かったのですが、今は逆に安くなっています。
ということで、なかなか儲かりませんねー。

ところで懸案のシカ・イノシシの捕獲。
今日もまた空ハジキしてました。
この状態がいつまで続くのでしょうか・・・。

先日は余計なことを書いてしまったみたいです。
シカが順調に捕獲できるようになってるのに、後処理が苦手で「しばらく憂鬱」とか。

その後どうなっているかというと、今日まで一頭も捕獲なし。

あの記事を書いたのが20日ですが、その日もシカが一頭捕獲できていました。
でも実は他の罠で”空ハジキ”というのが起きています。
獣が罠を踏んで、罠自体も動作しているのですがちゃんと括れずに逃げられてしまいました。
釣りでいう”ばらした”と同じような感じ。

今日も起きてしまいました。
罠の点検に行くと・・・。
DSC_0521-816x612
これ見ると”がくっ”てなります。

でも今日だけではないんです。
20日から始まって、今日まで5回連続の空ハジキ。

夜間に山の中を歩く獣って、走り回ったりしていません。
ソーっと抜き足、差し足、忍び足みたいに歩いています。
踏んだところに違和感を感じるとすぐに足を引っ込めます。
敵もなかなかやるもんです。

関心ばかりしていても仕方ないので元に戻しましょう。
こんな感じで埋めて・・・。
DSC_0523-816x612
あとは土や落ち葉を被せてカモフラージュします。
DSC_0524-816x612

明日からまた復調しますように・・・。

週末頃から強い寒気が入って来るようです。
予報では金曜日から京丹波町は雪になり、しばらく居座りそう。
そうなると病害虫の防除が難しくなるので、一昨日あたりから作業を進めています。
そのなかで今日は一番大変なレタスの病害虫防除を行いました。
何が大変かというとトンネルをめくって、農薬を散布して、またトンネルを被せないといけません。

まずはトンネルをめくります。
DSC_0518-816x612

初めて栽培していますが、今のところ順調そうです。
1回目播種分はこんな感じです。
DSC_0516-816x612
結球も始まっていますよ!
DSC_0517-816x612

農薬を散布した後はまたトンネルを被せました。
DSC_0519-816x612

10時半頃から作業を始めて、結局すべて終わったのは17:00。
半日以上かかってしましました。
でもトンネル栽培ってどうしても病気が広がりやすいので大変でも防除は抜かりなくやっていかないといけません。
これでしばらくは安心です。

話は変わりますが、試験的に栽培している作物の収穫もここ数日で行っています。

カブ。
DSC_0513-816x612
まずまずではないでしょうか。

あと九条ネギも。
DSC_0515-816x612

販売してみて、来年以降の作付けを検討したいと思います。

↑このページのトップヘ